探偵・藤森涼子の事件簿 (実業之日本社文庫)

  • 53人登録
  • 3.47評価
    • (2)
    • (4)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 太田忠司
制作 : 大矢 博子 
  • 実業之日本社 (2012年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550787

探偵・藤森涼子の事件簿 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 探偵藤森涼子のベスト短編集だけど、実際の時間とともに年を取っていて、空いた時間に何があったのか、とっても気になるので、他の本も読みたくなった。

  • いやー、久々に渋いの読みました。たまに本書のようなレトロ系ミステリー読むのも悪くないです。傑作選の名の通り、1992, 2000, 2002, 2006年と1人の女性の人生を追体験しながら当時の風俗に触れるのも面白い。MOディスクなんて久しぶりに聞きました。

  • しまった、読んじゃったよ!
    この本は、この探偵シリーズのダイジェスト版、
    良いとこ取りだったらしい。

    あ~、かなり面白そうなシリーズなのに、
    先に読んじゃったよ・・・。
    順番に読み進めて行きたかったのに、
    面白かったがゆえに、かなりショック。

    人間の醜さをかいまみさせながらも、
    後味が悪くない。
    甘いと非難されればそれまでだが、その甘さも私は好きだ。

  • 太田さんの作品の雰囲気って、なんだか好きなんですよねぇ(^^)
    読んでいて疲れないし(^^;
    藤森涼子シリーズの短編集でした。読んでから知りました( ̄▽ ̄;)


    さておき、短編集が主人公の年齢順に並んでいて、読んでいて話しと話しの間に何があったのか想像がついて、なかなかに面白かったです。
    説明チックでなくて、普通に読んでいて台詞とかから推測出来るというのがまた良いなぁと。

    やっぱり太田さんの作品の雰囲気って好きだなぁ♪

  • 太田忠司さんが20年前から執筆されている藤森涼子シリーズのオムニバス本。

    この本を編集された方のコメント(はじめに・解説)のおかげで、藤森さんが私たちと同じ時間を共有し、同じ年を召されていることを知りました。
    (主人公が探偵になるまえの20年前には、バブルがはじける前で、冬は毎週末にスキーをしていました。そうです・・・。)

    だいぶ以前に読んだ小説のダイジャストでしたので、今回も楽しめるのか、読む前は不安だったのですが、そして(?)、その不安を後押しするかのように読み出すとストーリーも思い出していったのですが、それでも展開にハラハラして、一気に読んでしまいました。

    今回初めて藤森シリーズを読まれる方も当然楽しめると思いますし、楽しまれましたら、今回の短編間を埋めるストーリーが何冊にもわたって出ていますので、そちらも手に取っていただけたら、より楽しめると思います。

    「解説」によると今秋にあたらしい本が出版されるとのことですので、今から楽しみにしています。

全6件中 1 - 6件を表示

太田忠司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵・藤森涼子の事件簿 (実業之日本社文庫)を本棚に登録しているひと

探偵・藤森涼子の事件簿 (実業之日本社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

探偵・藤森涼子の事件簿 (実業之日本社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵・藤森涼子の事件簿 (実業之日本社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

探偵・藤森涼子の事件簿 (実業之日本社文庫)はこんな本です

探偵・藤森涼子の事件簿 (実業之日本社文庫)のKindle版

ツイートする