モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵 (実業之日本社文庫)

  • 565人登録
  • 3.24評価
    • (10)
    • (63)
    • (90)
    • (33)
    • (1)
  • 80レビュー
著者 : 西澤保彦
  • 実業之日本社 (2012年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550954

モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ユリエさんの兄、ミツヲ君を中心に物語が展開。彼の過去の封じられた記憶を探りつつ、時間軸と人間関係がグルグル展開していく感じは、「ああ、西澤作品だな~」と安心クオリティ。
    腕貫さんあんまりでてこないけど、タイトルが秀逸なので許せちゃう。

  • 腕貫探偵シリーズのスピンオフ的な感じ。

    腕貫さんが好きだから読んでみたけど、ちょっと微妙だった。
    ストーリーがとっ散らかってる。
    一応ミステリだけど、推理モノって感じではない。
    主人公・住吉ミツヲが、勤務先の高校関係者の殺人事件に巻き込まれていくんだけど、実はミツヲは三年前の弟の死をきっかけに記憶障害に陥っていて、彼を救おうとする周囲の人間が仕掛けた壮大な芝居(荒療治)に発展してゆく。

    腕貫さんシリーズの中ではこれまでにない大事件だったわりに微妙だったわけを考えてみた。
    まず、腕貫さんがほとんど出てこない。腕貫さんファンとしては物足りなかった。
    次に「病んでました」オチが個人的に好きじゃない。最初から記憶障害を想起させる描写があったからフェアではあったけど、基本何でもアリになっちゃうから。
    あと、人が死にすぎ。あんなに関係者が死んだら高校の評判がた落ちだよな、お嬢様学校なのに。ちょっと現実味に欠ける。

    実は芝居でした、とネタばらしされてから、どこからが芝居だったのか、にわかには判断出来なかった。いっそ殺人事件までもネタだったら納得したかも。結局は殺人事件を利用した荒療治だったわけで、そのあたりがしっくり来なかったところかも。
    キャラクターは魅力ある。

    それより何より、腕貫さんの話題になった時にユリエが「ダーリン?!」と言うまで、『腕貫探偵、残業中』のユリエさんその人だってことに全く頭が繋がらなかった自分の記憶障害ぶりにビックリした!
    あんなに『…残業中』大好きなのに、登場人物のことほとんど憶えてない私って一体…。

  • 腕貫探偵の続編です

  • 1作目の様な感じを期待して読みましたが、
    色々詰め込まれすぎて疲れてしまった。
    ストーリー的に面白くない訳ではないけど、
    無理やり感もあったし、特別好きな作品ではないかなあ。

    ★2.5

  • 〇 概要
     お嬢様学校として有名なミッションスクール,メアリィ・セイント・ジェイムス女子学院(MSJ)の学校関係者の連続しが発生する。同学院の新任英語教師,住吉ミツヲは,混沌とする記憶を抱えたまま,事件に巻き込まれていく。果たして,彼は本当に同僚教師の妻を殺害してしまったのか?
     事件のカギを握るのは,魔性の女性事務員なのか。女子高生探偵遲野井愛友,大富豪探偵月夜見ひろゑ,そして腕抜探偵といった豪華なラインアップの探偵が登場する櫃洗市を舞台としたミステリの決定版!

    〇 総合評価 ★★★★☆
     好きか嫌いかといわれれば好きな作品である。住吉ユリエ,遲野井愛友など登場人物が非常に魅力的であり,そもそも櫃洗市という舞台も好きだ。書評などを見ると,推理小説としてはいまいちという感想も多い。ストーリー全体として見れば意外性はあるのだが,殺人事件の真相を推理するとなると伏線も乏しいし,真犯人も地味。推理小説としてはそれほど評価できないのは分かる。これは,キャラクター小説として,櫃洗市を舞台とした群像劇を楽しむ小説として読むべきだろう。そのように読んでみると,結構楽しめた。
     
    〇 サプライズ ★★★☆☆
     MSJの関係者である薩川佐由理,茅野真奈,智恵クロフォード,瀬脇修一郎の4人が死亡していたが,薩川佐由理,智恵クロフォード,瀬脇修一郎の三人を殺害したのは茅野真奈だった。茅野真奈は,智恵クロフォードを刺殺した後,投身自殺をする。茅野真奈が起こした連続殺人事件に,住吉ミツヲの記憶障害を重ね合わせることで,混沌とした物語を構築している。標葉いつかというMSJの女性事務員にまつわる都市伝説,「標葉いつかと関係を持った男は,決まってその直後に身内の誰かが謎の死を遂げる」というものを話に絡めてくる。
     住吉ミツヲは,ひょんなことを理由(この理由に,腕抜き探偵残業中の「青い空が落ちる」の登場人物,松嶋充子を登場させるのが心憎い)に,自分の弟,ミツヒロを殺したいと思って標葉いつかと関係を持つ。そして,本当にミツヒロは交通事故で死んでしまう。ミツヲは自責の思いからミツヒロの死に関する全てを忘れてしまう。
     ミツヲは記憶を失うだけでなく,ときにはミツヒロを演じてミツヒロの死を忘れようとする心の病に陥っており,その状態を脱するために,高校生探偵である遲野井愛友が大富豪探偵である月夜見ひろゑの財力を使って,標葉いつかも殺害され,その真犯人がキムバリィ・ブラウン園長と早藤行雄教頭であるという大芝居を慣行する(この大芝居に,榎本裕子アナウンサーを使うのが心憎い。)。
     という荒唐無稽な話。終盤の怒涛の展開は,意表を突く真相なのだが,話があまりに荒唐無稽すぎて,サプライズはさほど感じなかった。ミツヲの記憶障害を解消するために行った大芝居を踏まえたラストも,「夢オチ」を思わせるようなオチ。話の骨格となる連続殺人の犯人が茅野茉奈で,話全体の構成としては意外性があるのだが,殺人事件の真犯人としてはいたって平凡。総合的に見て,サプライズはぎりぎり★3かな。

    〇 熱中度 ★★★★☆
     住吉ユリエ,月夜見ひろゑ,腕抜探偵といった,これまでのシリーズでも登場した魅力的なキャラクターに加え,遲野井愛友,住吉美津子,住吉譲流と個性豊かで魅力的なキャラクターがてんこ盛り。話としても,「この話にどんなオチをつけるんだ」と思わせるほど大風呂敷を広げていく展開。熱中度は非常に高い。

    〇 キャラクター ★★★★★
     魅力的なキャラクターがてんこ盛り。これまでの櫃洗市シリーズで登場したキャラクターがオールスターとばかりにそう登場するだけでなく,この作品がデビューとなる女子高生探偵の遲野井愛友も非常に魅力的。また,主人公の住吉ミツヲこそやや影が薄いが,その母,住吉美津子,父住吉譲流のキャラクターも一本筋が通っていて魅力的である。推理小説としてではなく,キャラクター小説として読んだ方が面白いかもしれない。キャラクターは文句なし。

    〇 読後感 ★★★★☆
     荒唐無稽な話であるが,読後感は悪くない。住吉ミツヲと遲野井愛友が結ばれるというオチで,住吉家と遲野井家の家族が一緒に食事をするというラスト。殺人事件があったり,住吉ミツヒロが死んでいたり,そもそも住吉譲流と遲野井愛友の母が不倫の関係にあったなど,どろどろした背景があるので,冷静に考えるとそれほどハッピーエンドとも思えないのだが,そのような展開を忘れさせる気持ちのよいラストである。

    〇 インパクト ★★★☆☆
     住吉ミツヲの記憶を取り戻すために,大掛かりな芝居をうったという話全体にはインパクトがある。しかし,推理小説としてみるとインパクトは薄い。殺人事件の真相が地味すぎるのだ。キャラクターが魅力的なのは美点だが,やや過剰なキャラクターが,個々のキャラクターの活躍のインパクトを薄めているのも事実。サービス精神が旺盛すぎたきらいはある。インパクトは★3か。

    〇 希少価値 ★☆☆☆☆
     腕抜探偵シリーズはそこそこ人気がありそうだけど,モラトリアム・シアター自身がどこまで人気があるかは謎。西澤保彦作品は映像化されないし,実業之日本社文庫ということもあって将来的には手に入りにくくなる可能性はある。

  • グルメ女子大生ユリエの兄・住吉ミツヲは母美津子の強引な計らいで美津子の母校でもある女子校で教鞭をとることになる。個性的な同僚たちやかわいい女子高生に翻弄されながらも、なんとか働いていたのだが、次々に同僚たちの妻が殺害される事件が起きる。しかも、そのうちの一人はミツヲ自身が刺殺してしまったようだがその記憶はなく……果たしてミツヲは本当に殺人を犯してしまったのか?

    奇妙奇天烈、荒唐無稽、そんな腕貫探偵シリーズの中でも随一の無茶苦茶っぷり。住吉一家がはちゃめちゃすぎる。怖い。内容はまさにタイトル通り。勢いで読んでしまったけど、人によってはたぶん辛い長さ。

  • ユリエの兄、ミツヲの物語
    大どんでん返しありで読み応えあり
    腕貫さんがあまり登場しないのが残念

  •  私立の女子高の英語講師として採用された吉住ミツヲ。
     同僚の妻たちが次々と不審死を遂げ、前任の英語講師も失踪中。教え子の女子高生探偵・遅野井愛友やその叔母で大富豪探偵の月夜見ひろゑ、ミツヲの妹ユリエらとともに、事件の真相を探る。
     しかし、ミツヲの記憶は混濁しており、なぜか思い出せない記憶が存在するようで…。
     しかも、同僚の妻を殺した容疑まで掛けられた…!

    ------------------------------------------------------------------

     タイトルに「腕貫探偵」とありますが、途中でちょっとと、エピローグぐらいしか出て来ません。
     それは別にいいんだけど、出て来るキャラが全体的に気持ち悪いので、読んでてイラつく。
     教頭先生とか、ミツオのお母さんとか。ユリエさんも、まぁ何かあれだしね。
     あとみんな、性格悪いし。

     でも、この単純なトリックというか、事件の展開を、ここまで広げて1冊にしたのは、すごいとは思う。
     というか、ミツヲの記憶混濁(?)の謎を解決するのに、連続殺人の話をくっ付けた、と言ったほうがいいのかもしれない。

     あと最後、ミツヲ自身のことはいろいろ解決したけど、他の英語講師たちのその後は…? いや、その先生たちはまた復職するみたいだけど、クロフォードさんが無理やり採用させようとしてた人とか、教頭先生の不倫のこととか。
     何か細々したことが、全部どうでもいいことになってる!

     それと、これはわざとそういう書き方をしているだろうから仕方ないけど、時間軸があっちこっちに行くので、読んでてすごい分かりづらい。
     すごく丁寧に読まないと分からなくなると思う。でも、教頭先生とか気持ち悪くて、彼のセリフとかまともに読めなくて読み飛ばさざるを得なかったから、余計わけ分かんなかった。

     マンガになるとページ数とかの関係で余計な描写は省かれるから、「タック&タカチシリーズ」みたいにマンガになったら、この本も分かりやすくなるような気もするけど、今出てるマンガ版の「腕貫探偵」がどんな塩梅なのか分かんないから、どうだろうなぁ。


     にしてもこの本、私立の女子校に対して、ものすごく悪い印象を植え付けるのに一役買ってますね。
     どこも真面目に運営・経営しているだろうにね。

  • ちょっとちょっと全然探偵出てこないじゃない!と不満たらたらで読み続けやっとエピローグが…もうイライラと騙された感でぐったりです。

  • 腕貫探偵スピンオフ作品。
    語り手の新任教師ミツヲは何か記憶の欠落を抱えているような曰くありげな人物で、あまり好感が持てない。彼が私立女子高で続く不審死に巻き込まれることで周囲の人間が事件の真相に迫っていく…
    ミステリとしてはちょっとどうなの、という感じだったが、キャラが個性的で読みやすいのはいつも通り。腕貫探偵の出番が少ないのが残念。

全80件中 1 - 10件を表示

西澤保彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵 (実業之日本社文庫)を本棚に登録しているひと

モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵 (実業之日本社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵 (実業之日本社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵 (実業之日本社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵 (実業之日本社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵 (実業之日本社文庫)のKindle版

ツイートする