14歳の周波数 (実業之日本社文庫)

  • 103人登録
  • 3.03評価
    • (0)
    • (8)
    • (18)
    • (5)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 吉川トリコ
  • 実業之日本社 (2013年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408551197

14歳の周波数 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 若い。地方都市から田舎に引っ越した女子中学生の話。たまには若い話を読もうと購入。
    中学生の女の子の心理をよく描いている(男なので想像だが)。若さ溢れ、生き生きとしているが、時折残酷で、リアルを忘れていない姿勢に好感を持つ。

  • カバーイラスト 染谷みのる

  • 女子中学生の気持ちになり、その場にいるかのような錯覚におちいる。中学生の日常はこんなものかとわかったような気持ちになる。

  • 14歳の女の子の日常の話。
    2014/3/15

  • LINEもSNSも裏サイトもない、携帯電話すらない時代(たぶん、昭和の終わり頃のイメージ)の田舎町の14歳の少女たちの物語だ。
    そこそこ都会だったN市から引っ越してきて、田舎町に馴染めず友人のできない鮎子を主人公に、狭い世界で「今」に泣き笑い楽しむ姿が清々しく描かれている。
    良くも悪くも毒気がない、まっすぐな青春小説だ。

  • 14 歳の女の子たちの青春物語なのだが、
    不安定に揺れ、蠢く感じが上手く描写されているし、
    伝わってくる。
    このレベルまで持ってきてもらうと、
    薹が立った人間でも十分に読めるし、共感できる。
    偉そうで、ゴメンナサイ。

  • 都会から田舎の中学校に転校した鮎子。2年2組でのクラスメイトとの一年を描いた連作短編。

  • 中学生。転校。恋。友情。クラス。体育祭。

  • まさに中2病。
    この時期必然的に罹患するものなんだと大人は知ってるんだけど、こんなにモノ考えてる大人はいないと思ってたよ!あはははは!(笑うしかない)

    他人事じゃなく痛いけど、足ツボとかマッサージみたいなものなのか、このくらいの年頃の主人公の話を「うぁああ」と思いながら読むの最近楽しい♪

  • 自分が中学生の時に友達づきあいや異性に対してここまで心を砕いていただろうか。女子ならではの感受性と時代の格差はあるだろうが、それはもはや記憶の彼方へ過ぎ去ろうとしている。そんな人生の青くも眩しい瞬間を見事に思い起こさせてくれる作品。

全17件中 1 - 10件を表示

吉川トリコの作品

14歳の周波数 (実業之日本社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

14歳の周波数 (実業之日本社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

14歳の周波数 (実業之日本社文庫)の作品紹介

田舎くさい町に、いやいや引っ越してきた鮎子。けれどおせっかいなアネゴ、小生意気な美月、モデルのリリィという仲間に囲まれて町での生活に馴染んでいく-。14歳の小さな世界で起きる数々のドラマと少女の過剰な自意識をガールズ小説の名手が活写。誰もが通り過ぎた時代の、恥ずかしくも懐かしく、切なくも愛おしい瞬間を詰め込んで、あらゆる世代に贈る青春小説。

14歳の周波数 (実業之日本社文庫)はこんな本です

14歳の周波数 (実業之日本社文庫)のKindle版

ツイートする