命の値段 生命保険を創った男たち (実業之日本社文庫)

  • 21人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 渡辺房男
  • 実業之日本社 (2014年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408551616

命の値段 生命保険を創った男たち (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者は、東大文学部卒の渡辺房男。
    NHK在職中に、第23回歴史文学賞を
    とった。生命保険の創世記に、
    庶民が入りやすい保険を作った男の話。
    どんな時代にも妻の後押しなくては、
    男は成り立たぬもの。
    文章はとても読みやすい。

全1件中 1 - 1件を表示

渡辺房男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

命の値段 生命保険を創った男たち (実業之日本社文庫)を本棚に登録しているひと

命の値段 生命保険を創った男たち (実業之日本社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

命の値段 生命保険を創った男たち (実業之日本社文庫)の作品紹介

明治の初め、質屋を営んでいた角田小太郎は、友人の巡査の死や新興商人・安田善次郎との出会いを機に、庶民のための「人命保険」結社を立ち上げた。しかし、「宵越しの金は持たない」江戸っ子たちに生命保険の精神を浸透させるには、多くの災厄と困難に立ち向かわねばならなかった-福沢諭吉が日本に初めて紹介した生命保険の黎明期を描く感動の歴史ドラマ。

命の値段 生命保険を創った男たち (実業之日本社文庫)はこんな本です

命の値段 生命保険を創った男たち (実業之日本社文庫)のKindle版

ツイートする