王妃の帰還 (実業之日本社文庫)

  • 608人登録
  • 3.73評価
    • (32)
    • (57)
    • (54)
    • (8)
    • (1)
  • 57レビュー
著者 : 柚木麻子
  • 実業之日本社 (2015年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408552279

王妃の帰還 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 少女マンガのような軽いノリで話が進んでいく。
    クラス内の女子グループがデフォルメされながら描かれていて、学生時代を思い出した。
    作風としては「終点のあの子」+「嘆きの美女」÷2といったところ。

  • 女子中学生のあるある話。グループの中にいないと不安なんだよね。それだけ多感なんだろうな、あの頃って。あたしもそうだった。グループ解散とか笑。王妃みたいな、憧れの友達がいたりね。柚木麻子はこういうの、うまいなあ、

  • 王妃と呼ばれている我が儘でとびきり美しい滝沢美姫が前原範子たち4人の地味なグループの友情によって、クラスでの孤立した存在からクラスのみんなに馴染むまでの物語。私立女子中学校が舞台です。柚木麻子さんの「王妃の帰還」2013.1刊行、2015.4文庫化の作品です。男性(今60代の私の世代あたり)はあまり経験のない世界だと思いますw。

  • 女子中学生のドロドロしたカースト問題、キラリと光る友情。
    どうしても、上手くいきすぎだな、軽いな、と思ってしまう面はあるのですが、目を瞑りましょう。…そう思わせる力があるのが、柚木作品の不思議で面白いところです。
    あと、大矢博子さんの解説が良かった。

  • 女子高生は多感な時期だよな ドロドロしてても結局容姿が良い子は帰還するんだよ そういうもん

  • とあるコミュニティサイトでお勧めされていたので読んでみた。

    女子校のいちクラス内で起きた階級闘争を、これだけリアルに描いた作品が未だ嘗てあっただろうか…!
    日々変化していくクラスの状況を、フランス革命になぞらえているところも秀逸だった。

    あまりにも主人公の範子に感情移入しすぎちゃったせいで、革命の結果に後味悪くなっちゃうんじゃないか~と心配したけれど、別にそんなことはなくて。
    いつだって自信満々のあの子が、実はとても弱い人間だったり。普段は引っ込み思案のあの子が、意外と芯の強い人間だったり。人を想う気持ちの強さ、そこからくる計り知れないパワーがあること…
    そういうことは、人を傷付けて/自分も人に傷付けられて、初めて知ることだから。

    現実には、必ずしも趣味趣向が同じ人間だけの集まりってわけじゃなくて、ただクラスで一人になりたくないから気の合わない相手ともグループを組んでいる~という子は、けっこう沢山いるんじゃないかなと思う。(あと、作中には登場しなかったけど、たいていは“部活が同じ”っていう括りのグループもあると思う。)
    悲しいかな、やはり女子は派閥を作り群れていないと生きていけないものである…と、遠い中高生時代を振り返ってみて思うのだ。(大学生ともなると、一人でいてもわりと平気なんだけどねえw)

    男性の共感は得にくいかもしれないけれど、私は女子高出なもんで、とにかく「あるある!」って何度も頷ける作品だった。

  • 私立の女子中学生たちの派閥争いを描いた小説。
    男のイメージよりもギスギスしているが、思った以上にメンバーが入れ替わる。
    こういうことはリアルにあるようなので、その設定で最後まで楽しめた。
    フランス革命との対比で描いていたり、クラスメイトたちが成長していたり、ただの青春小説だけではない面白さだった。
    著者はこういう物語の描き方が本当にうまい。

  • まさに「革命の嵐」のような中2女子の過酷なスクールストーリー。
    同著者「嘆きの美女」も面白かったけど、こちらもかなり先が気になって一気読み。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    私立女子校中等部二年生の範子は、地味ながらも気の合う仲間と平和に過ごしていた。ところが、公開裁判の末にクラスのトップから陥落した滝沢さん(=王妃)を迎え入れると、グループの調和は崩壊!範子たちは穏やかな日常を取り戻すために、ある計画を企てるが…。傷つきやすくてわがままで―。みんながプリンセスだった時代を鮮烈に描き出すガールズ小説!

    【キーワード】
    文庫・女子校・中学生・友情

    +++2

  • クラスで王妃と思ってる主人公虐めにあった王妃とクラスのみんなと主人公のグループのお話し

    よかったです

  • 彼女はマリー・アントワネット、女王様。

    ギャル、優等生、バンギャ、地味系など、女子たちの「スクール・カースト」というものは、所詮、学校生活を適当に過ごすためのものである。事実、表立った趣味や空気感は一緒だから、一緒に行動するのはそれほど苦でもない。だから、その場所に甘んじている。特に、範子の学校のように、クラス替えも無い場合は。革命は起こすだけしんどいのだ。

    クラスのトップ、範子がひそかに王妃と考える滝沢さんがその座から転落。範子たちの地味グループに巻き起こる嵐をどうにかするため、計画を練るが、クラス全体が革命の渦に巻き込まれ……フランス革命の比喩が的確。

    グループの地位と、個人の印象が違うのはよくあること。女子の集団暴走は怖い。女子に限らないかもしれないが、徹底的に残酷になれる一面は誰にだってあるのだ。貴族を次々とギロチンにかけたフランス革命のように。

  • 女子校でありそうな?
    女子同士のお話
    王妃は、どこまでも王妃

  • 本を閉じてまたため息をついてしまった。渡辺淳一や平岩弓枝、はたまた山崎豊子などの大御所作家の小説を読む年であるとわかっていながら、学園小説に感動してしまった、不覚!・・・と自分の精神年齢の低さに嘆く必要はないのだ。これは大人の小説。舞台となる女子校中等部で繰り広げられる内容と言ったら、陰謀、裏切り、嫉妬、妬み、保身などなど社会での構図が見事に集約されているのだ。まさに手に汗握るサスペンスの要素が満載。そして読者のターゲットはアラフォーアラフィフである。昔の青春時代を懐かしみ、かつ自分の子どもと同じ世代の主人公に同調できる。母親が読むべき小説なのである。ぜひ友人に勧めたい。

  • 中学時代、それは突然起こった。
    ガキ大将のH君が、クラスの男の子達から無視されているのだ。
    昨日まで手下のように後をついて歩いていたナンバー2君まで。
    クラス中がその雰囲気を敏感に感じとり、口には出さなくとも気にしているのが痛いほど分かった。
    私は、H君とはそれほど言葉を交わしたことは無かったし、どちらかというと意地悪をされたことのほうが記憶に残っているくらいなのに、何故かせつない心持ちがしたのだ。
    あれは、あの感情は何だったのだろう。
    王妃の帰還を読みながら、そんな十代の頃の印象深い出来事を思い出していた。

  • 意外にも展開がなかなか読めなくて、最後まで突っ切って読めた。最後が素晴らしい。女の友情っていいなって、珍しく思えた。

  • 二時間ほどで一気読みしてしまった。
    読み始めるととめられなくなってしまう。
    中学時代ってここまでじゃなかったけど、こんなこと思ってたのかと感慨深かった。

  • 女子中学のクラス内抗争。
    抗争っていうほど、激しくはないけど。

    学校っていま思うと閉鎖された空間で、
    グループの付き合いとか誰が好きとか嫌いとか、
    そんなことに振り回せれてホント息苦しかったなと
    懐かしくなりました。

  • お嬢様学校で巻き起こるスクールカーストのお話。
    怖いよ怖い。
    自分に自信がないから人を陥れて自分と同じ位置に引き摺り下ろして、やっと得られる安堵。
    くだらない。
    その一言に尽きる。
    でも、みんな必死なんだよねぇ。自分の立場を確保する事に。
    大人しい子ほどブチ切れると怖い。手を出したの貴女だけよ。
    ラストはホロリとハッピーであぁ良かった。
    それにしても、柚木さんの本は何故だか一気読みしてしまう。登場人物が動き回るのを止められない。女性を描くのに本当に長けている。だからなのかなぁ。女同士おしゃべりがやめられないのかも。

  • 小説なので大げさに書いている感は否めないけれど
    中高生の頃女の子って必ずこういうことあるよな
    と感じさせる。
    若いって残酷。
    そしていつだって本気。

  • 私立女子校中学生のスクールカーストのお話。
    友達中心のお年頃だもの、いろいろ悩むよね。とその時代を通り過ぎてしまった者として痛くて懐かしい気持ちになった。

  • 美しい王妃、最後まで名前が無いなぁと思っていたらそういうことだったか。ハッピーエンドで嬉しかったです。

  • 中学時代を思い出した!
    中学くらいが一番大変だったかも…
    でも最後の終わり方がとっても良かった(^ ^)

  • 自分の中学生時代を思い出す。面白い

  • これぞ、お嬢様女子校の
    アンシャンレジーム(身分制度)⁉︎
    中世ヨーロッパさながらの
    権力争いに荒れる教室に、
    ジャンヌダルクは現れるのか❓❓❓

    束になった時の
    女子中学生の無邪気さ、残酷さ。
    若いというだけで
    男の先生がモテる、
    摩訶不思議な 小さな社会(笑)

    女子校ワールド全開のお話は、
    笑えるほどに、笑えない
    リアルな部分も・・・

  • 一気読み。まさに。ラストもさわやかなタイトル通りでも、前半とはまったくちがう形でのい帰還。テンポもよく、狭い世界でのお話なのにそれを感じさせない雰囲気もあり。
    自分が中二の時ってこんなにいろんなこと考えたり、観察したり、行動したりしてたかなって思ってしまう。
    女子の悪意ってほんとに怖い。最近に始まったわけではないけど、便利なものが発達して、それに拍車かけるよね

全57件中 1 - 25件を表示

王妃の帰還 (実業之日本社文庫)に関連する談話室の質問

王妃の帰還 (実業之日本社文庫)を本棚に登録しているひと

王妃の帰還 (実業之日本社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王妃の帰還 (実業之日本社文庫)のKindle版

王妃の帰還 (実業之日本社文庫)の単行本

ツイートする