偽金 フェイクマネー (実業之日本社文庫)

  • 76人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (4)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 相場英雄
  • 実業之日本社 (2015年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408552637

偽金 フェイクマネー (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  サラ金をリストラされた椎名は、怪しい金持ちたちの帳簿に記載できない資金でオンラインゲームの高額オプションを購入させる。その高額オプションはポイントカード会社のシステムを利用し、海外で現金化するというビジネスを立ち上げる。海外の持ち出しは日本円で100万円が上限、それ以上になると申請が必要らしい。

     はっきり分からないんですが、こんな七面倒なことをしなくても海外FX口座を持っていればどこの国でも現金を引き出せるのではないかと、この本を読んでいて? 何か規制とかあるのか調べていないので不明。

  • 2008年の単行本「偽装通貨」を現状に合わせて大幅改稿したそうで、7年前の時点で電子マネーの問題点に目を付けたというその眼力には恐れ入りました。マイナンバーですべての電子マネー&ポイントを集約するなんて話もじゅうぶんあり得るのかもしれませんね。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

偽金 フェイクマネー (実業之日本社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

偽金 フェイクマネー (実業之日本社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

偽金 フェイクマネー (実業之日本社文庫)の作品紹介

会社の思惑で依願退職を余儀なくされた男は、オンラインゲームの電子マネーに目をつけ、一攫千金を狙う。キャスターを目指すフリーの女子アナは、企業ポイントを取材、特ダネを探す。"偽金フェイクマネー"を追いかけるふたりの陰で、現代ヤクザが暗躍。巨額マネーをめぐる、拉致・脅迫から国際紛争まで事件は広がり、怒涛の結末へ-。渾身の極上エンタメ小説!

偽金 フェイクマネー (実業之日本社文庫)はこんな本です

偽金 フェイクマネー (実業之日本社文庫)のKindle版

ツイートする