探偵が腕貫を外すとき (実業之日本社文庫 に 2-8)

  • 98人登録
  • 3.58評価
    • (3)
    • (11)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 西澤保彦
  • 実業之日本社 (2016年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408553009

探偵が腕貫を外すとき (実業之日本社文庫 に 2-8)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 口数少ない市役所なんでも相談係
    個人的相談も受けるが、事件につながる謎も
    市民の心が安らぐように解説してしまう!

  • きわめてアクロバティックな論理展開は、ものによっては失敗、ものによっては成功、と玉石混交の感じ。

  • 『セカンド・プラン』は今まで単行本電子書籍版のみ収録されてたらしいので、文庫本初収録。腕貫さん出てこないのであれれ?と思ってたらそういうことか。
    お気に入りは、幼稚園の時に埋めたタイムカプセルを巡る事件を描いた『いきちがい』。日常の謎テイストの『どこまでも停められて』も面白かった。

  • グルメで市役所に勤める謎の探偵さん。腕貫を外していても推理は抜群。相変わらずテンポの早い展開でサクサクと読める。「どこまでも停められて」は友情の話でとてもよかった。あと、コッコバーガーは是非食べてみたいwww

  • 新作かと思ったら文庫版でした。新規収録作品があったけど。
    何回も同じことを書いているけどこのシリーズは特に美人ばかりで苦手。

  • アームチェアデテクティブの探偵話。
    相変わらず、腕貫さんはミステリアスな人。
    一遍ぐらいは、気に入る作品があるかも。

全7件中 1 - 7件を表示

西澤保彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵が腕貫を外すとき (実業之日本社文庫 に 2-8)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

探偵が腕貫を外すとき (実業之日本社文庫 に 2-8)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵が腕貫を外すとき (実業之日本社文庫 に 2-8)はこんな本です

探偵が腕貫を外すとき (実業之日本社文庫 に 2-8)の単行本(ソフトカバー)

探偵が腕貫を外すとき (実業之日本社文庫 に 2-8)のKindle版

ツイートする