総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)

  • 901人登録
  • 3.77評価
    • (58)
    • (125)
    • (84)
    • (14)
    • (4)
  • 116レビュー
著者 : 原田マハ
  • 実業之日本社 (2016年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408553184

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
原田 マハ
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 池井戸潤著『民王』、中山七里著『総理にされた男』、室積光著『史上最強の内閣』『…の大臣』。
    今まで総理大臣を主人公にした、あるいは登場人物の小説は、総理がすべて男であった。
    この作品で初めて、女性の総理大臣が登場した(未読の小説で女性総理があったらごめんなさい笑)。
    しかも、才色兼備眉目秀麗で、その弁舌はごまかしの一切なく、熱くそれでいてどこまでも爽やかで、その言葉に絶対の責任を持つ。
    彼女は、「お先真っ暗の日本のために、政治に無関心になってしまった日本国民のために、率先して道筋をつけられる、真のリーダーとして」、財政赤字、消費税増税、少子高齢化問題等、喫緊の課題に骨身を惜しまず努力する。
    これ以上ない理想的な総理大臣!
    痛快で、読後爽やかな、政治小説のエンターテイメント。

    そして、総理お抱えのスピーチライターとして、『本日はお日柄もよく』の久遠久美が顔を出すのも、原田マハファンにとっては、たまらない魅力だろう。

    解説を、現総理の奥さんが書いているのが、何ともユニーク。

  • タイムリーに森友学園のことがあっから、興味を持って読んでみたけど、実際、日和氏のように総理を信じ、清廉潔白で私欲のない人間じゃないと総理の夫、妻は難しかろうと思った。
    解説、読まなかったけど、安倍さん…。
    途中、一次内閣の頃の凛子には、イライラさせられたけど、重大な発言を撤回していいものかということもあるから、完璧な終わり方ではないけど、ほんわかした夫目線なのが良かったかな。
    森博嗣の博士のシリーズっぽい感じがした。

  • 日本初の女性総理として選ばれた、賢く美しい女性、相馬凛子。その夫である相馬日和は日本初の「総理の夫」として、妻を支える決意をする。凛子が総理になることを機に、歴史の一部を後世に残そうと日和は日記をしたため始めた。この作品は、日和が後の世を生きる人たちに向けて語りかけるように記した日記だ。

    ただでさえ多忙な国会議員で夫婦の時間の少なかった二人だったが、凛子が総理大臣になることでますます疎遠になる二人。世論を味方につけて活躍していく凛子と、彼女を総理大臣の座から引きずり下ろそうと卑怯な工作をする者たち。その罠は日和にも忍び寄る。

    二人に度々危機やハードルが訪れるが、その都度凛子の快活さ・聡明さと、日和の憎めないおめでたさ、そして何より凛子をけなげに支えようとする実直な愛が感じられて、読者を幸せな気持ちにする物語でした。

    女性が活躍するストーリーなので、特に女性が読めば勇気がわくことでしょう。日和のでしゃばらず陰ながら凛子を支えようとする姿も、社会で活躍する女性には羨ましいものだと思います。

    以前読んで私も勇気をもらった『本日はお日柄もよく』の登場人物、スピーチライターの久遠久美も、今回は凛子総理のスピーチブレーンとして友情出演(?)していました。お仕事小説シリーズとして、どちらも必読書ですね。

    文庫では「総理の妻」である安倍昭恵夫人が解説を書しています。凛子への共感する心や、自分の場合の違いなど。凛子総理は圧倒的支持率で国民を導く「他に類をみない総理大臣」として描かれているのですが、その作品の解説を担うのはなかなか難しかったのではないでしょうか。作品にとっても、今後の安倍総理の動き如何でマイナスにもなりうる解説かと思いました。なかなかの勇気あるコンテンツ。

  • 日本初の女性総理大臣と総理の夫を描いた小説。
    総理大臣となった凛子は素直で真っ直ぐ。
    女性ならではの柔らかさと誠実さで、国民の心を掴む。
    総理の夫の日和もまた、優しく真っ直ぐな人物。
    そのせいで弱点を捕まれ、危うく凛子の足を引っ張ってしまいそうになることも…
    とにかく、生き生きとして働く凛子の姿が眩しすぎる!
    働く女性に力を与えてくれる。

    2017.1.28

  • 夫の日記の中でストーリーが次々と。
    今のタイミングで読むとなかなか面白い!
    夫のお母さんがだんだん存在感が出たきたのもよかった。
    こんな総理だったら、消費税増税も協力したくなるかも。

  • 2017.10.14
    一気読み。凛子て名前からもう大好きになってたけれど、素晴らしく真っ直ぐで強い女性。側にいる日和クンも、話が進むにつれて、どんなときも凛子を支える覚悟が備わっていって、かっこいい素敵な旦那さまだったな。お母さんもいい味出してる。
    現実的には難しいのかもしれないけれど、日本を本気で変えていく、そういう凛子の言葉がかっこよかった。久遠久美の登場で、本日は〜をまた読み返したくなった!
    解説が昭恵夫人でびっくり。

  • ○原田マハが話題と聞いて読んでみたくてブクマで購入(読み終わったのでもう売りますが)感動の政界エンタメと背表紙にかかれてるくらいほんとに政治の話がたくさん。やっぱり女性って難しいよね
    ヒロインって、感じで活躍される総理なので読了後すっきり(`・ω・´)

  • 相変わらず、素晴らしいスピーチ。

    思わず泣いてしまった。

    本気を出せば届くとは思わない。
    けれど、本気を出さないかぎり伝わる可能性はゼロであるって思う。

  • これは素直に入り込んで読めると面白い!

    ただ、ここまでうまくはいかないよねぇ…ひねくれた気持ちで読むと途端に楽しくなくなるんだなぁ。でもこの作品は素直に楽しむのが一番。いい人の日和さんになりきって読むのが吉。

  • 凛子さんのように若くて美人で聡明な女性総理が出てくることなんてこれからあるんだろうか?とか思ってしまう。

    あまりにも凛子さんはカッコいい。
    自分のやりたい様に生きられるのも統べて日和くんのおかげだろう。
    少々抜けている日和くん目線で書かれているせいか政治の世界も違う目で見れた気がします。

    ラストの展開は途中で気付いちゃったかなぁ。
    実際「だから女性は…」と騒ぎ立てるおじさまたちが目に浮かぶ様。

    話の展開は都合良く全て進んでいる感じだけれど面白かったです。

  • 凛子さんのような政治家ばかりだったら、もっと国が良くなっていくのだろうなと思った。
    国を思って真剣に取り組むという当たり前のことを、当たり前に実行していく凛子さん。でもその当たり前を実行するには、いろいろな強さが必要なのだと感じた。
    総理の夫、日和さんも大きな生活の変化がありながら、どこまでも妻を支えようとする強さがあって、素敵な夫婦だと感じた。
    テンポもよく、とても読みやすい本。
    解説されている方にもびっくりした。

  • 凛子さんの強さ、志とっても素敵です。
    こんな政治家が実際にいたら、日本はより良くなるのかなって何回も思った。
    そして、凛子さんを支える周りの方々の温かさ✨
    涙なしには読めません。
    マハさんの小説は、出てくる人みんな悪意がなく温かい(*´꒳`*)
    大好きです。

  • 原田マハさんが描く女性はいつもキラキラしてる。初の女性総理大臣、いつかその日は来るのだろうけど、こうだったらいいなと思う本。かっこいい。そんな女性を妻に持った夫目線の日記として描かれる。総理大臣は夫婦一心同体なんだな。解説も良かった。
    一転して総理のご懐妊。ここから涙が止まらなかった。凛子の決断、日和の想い、国民の声。こんなにみんなに支えられてる人いないよね。原田さんらしい終わり方でなんか納得。
    ドラマ化しないかな。

    「本日は、お日柄もよく」久遠久美ががこんな風に出てくるなんて!ファンには嬉しいところ。

  • スピーチライター久遠久美さんが登場する粋な計らいが嬉しかった。

  • 難しい単語が出てきて久しぶりに辞書を引きながら本を読んだ。本日はお日柄も〜の久遠さんが名前だけ出てくる。ストーリー展開は読めちゃうけど面白かった。

  • 少し未来のこの国、第111代総理大臣に42歳の女性・相馬凛子が選出される。そして、その夫であり鳥類学者の相馬日和は「ファースト・ジェントルマン」として妻を支えるが・・・。この国に本当に女性総理が誕生するのはいつでしょうか?

  • ブラボー!!早くも今年一番を引き当ててしまった感じ。喜怒哀楽すべてが詰まった最高の一冊でした。
    あらすじ(背表紙より)
    20××年、相馬凛子は42歳の若さで第111代総理大臣に選出された。鳥類学者の夫・日和は、「ファースト・ジェントルマン」として妻を支えることを決意。妻の奮闘の日々を、後世に遺すべく日記に綴る。税制、原発、社会福祉。混迷の状況下、相馬内閣は高く支持されるが、陰謀を企てる者が現れ…。凛子の理想は実現するのか?感動の政界エンタメ!

  • 始めは「ザ・理系夫」と思って楽しんで読んでたけど、天然すぎるよ、夫。

    私はむしろ、夫の母のファンになりました。視野が広くて、茶目っ気があって、自分をしっかり持っている。そして、自由。
    義母の日記も読んでみたい!
    原田さん、「総理の義母」も書いてください。

  • 原田マハ作品は初めてだったけれど、非常に好きな作家さんだなと思った。すっと入ってくる文章、くすりと笑わせるユーモア、涙腺決壊必須な表現。他の作品でもこれらが活きているのか確かめたいと思う。
    作品中の『総理の夫』については自分の知っている夫婦をイメージしながら読んでいた。パワフルな奥様と「おめでたい」浮世離れした旦那さまはこんなにもコミカルになるのね。
    WOWOWで放映が始まったばかりの『本日は、お日柄もよく』の久遠久美さんが作品中に登場したのも嬉しかった。こちらの作品も次は読んでみよう♬

  • 最近読んだ中ではベスト
    働く女性には是非読んで欲しい

  • 2017年10月、衆議院選挙があったから読んだ。いつか日本にも女性内閣総理大臣が現れてほしい。
    でも、女性の活躍を騒がれているけど、社会で女性が必要な場面はどこだろうと思う。妊娠出産によるキャリアの中断があるし、産休、育休を取りたがるし。正直、社会にとって女性はお荷物なんじゃないかなと思ってしまう。単なる「働き手不足」ってだけなら、女性の活躍を唄うのはあまりに綺麗事すぎる。

  • 著者の作品はどれも、導入部が面白くて、掴みバッチリ。だけど話が進むにつれて、ひねくれ者の私には出来すぎに思え、ヒートアップしていく様子をやや冷め気味で見てしまうことがよくあります。キネマ、お日柄、ゲルニカなどなど、どれも好き、でも、どの作品にも個人的には熱弁に過ぎると感じる部分があって、私には若干それがツライと思うことも。

    語り手は鳥類研究所に勤めるボンボンでイケメンの研究者・日和。妻は誰もが驚く美人政治家・凛子。その凛子が42歳の若さで初の女性内閣総理大臣に。総理の夫となった日和が綴る日記形式。

    導入部はやはり面白い。夫婦の出会いの話にも笑う。『本日は、お日柄もよく』のあの伝説のスピーチライターの名前がちらりと出して興味をそそられますが、中盤以降にヒートアップ。私の苦手な「がんばってるアピール」にちょっと引いちゃいました。

    妻が総理大臣であろうがなかろうが、夫が妻に対して最大限の敬意を払っていることがわかるのはとてもいいところ。素敵だと思います。そして嫁と姑の関係もイイ。この姑を見ていると思います、やっぱり母ちゃんって偉大だ。

  • フェミニストとしては、面白いかなと思って読んだ。
    総理の夫も凛子総理も素敵だと思ったし、フェミニストとしてはやはり共感できる考え方が多かった。
    ただ、話が出来すぎているので 理想論が多く、軽いかんじはした。
    もう少し、問題に対する具体的な対応や対策について読めればよかったけど、そんなの誰にもわからないのかな

    まぁでも、フェミニストとしては嫌な気分になる話ではなかった。

  • おお!ここにもスピーチライター久遠久美登場か。「本日は、お日柄もよく」に続き原田マハ二冊目。タイトル見てパッと手に取った本だけど、まさか総理の"夫"だったとは。総理の夫人(言葉のつなぎはもちろんおかしいのだけど)とか安倍昭恵氏のコメントもあったからてっきり総理の妻の話かと思ったよ。First Gentlemanね。

    日和、凛子共に魅力的で、原田マハの作品の登場人物は基本前向きで真っ直ぐで明るい世界に手を伸ばしている人たちなんだろう。だから読むと気分が良くなる、元気になる。その辺りもこの著者の魅力なのかな。(私はもう少しネチネチした方が好みだけど)

    凛子の誕生が20xx年となってたので、かなり未来の話なんでしょうが、歴代111人目の初女性総理大臣誕生を支える夫日和くんが書き記す日記がお話となっている。

    私には生涯かすりもしない世界なだけに興味深くテンポよく読むことが出来た。まさに日和氏は"おめでたい人"で読者や登場人物たちを若干イライラさせながらも何故か憎めなくて人を明るく元気にさせる人物。これも実写化したら面白そうかな。

全116件中 1 - 25件を表示

総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)を本棚に登録しているひと

総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)の作品紹介

20××年、相馬凛子は42歳の若さで第111代総理大臣に選出された。鳥類学者の夫・日和は、「ファースト・ジェントルマン」として妻を支えることを決意。妻の奮闘の日々を、後世に遺すべく日記に綴る。税制、原発、社会福祉。混迷の状況下、相馬内閣は高く支持されるが、陰謀を企てる者が現れ…。凛子の理想は実現するのか?感動の政界エンタメ!

総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)のKindle版

ツイートする