雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

  • 1502人登録
  • 3.41評価
    • (45)
    • (205)
    • (263)
    • (46)
    • (8)
  • 178レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 実業之日本社 (2016年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408553238

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 実は資格試験の勉強のため、
    数ヶ月本から離れていました。
    でも、寒い間に読んでしまいたくて…
    我慢しきれず読んでしまいました。

    ひょんなことから殺人の容疑者として追われる身になり
    自分の無実を証明するためスキー場で出会った「女神」を探す大学生の物語。

    東野さんの作品自体、数年ぶりなんです。
    それも初期のテーマの重いものしか読んだことがなく
    こんなスピードがある何も考えずに読めるものも
    書かれるんだなぁとびっくり。

    メインのスキー場の里沢温泉スキー場は
    きっと私の大好きな、あの初心者でも滑りやすい
    頂上からのロングコースがあるあそこ!だと
    想像しながら読みました。

    警察と時間と両方に追われるドキドキ感。
    スノボはしたことありませんが、
    疾走感が気持ちよかったです。
    欲を言えばもうちょっと温泉の気持ちの良さも
    伝えてもらいたかったなぁと。

    最後まで、誰?違うの?誰?というストーリーに
    ドラマを見るように楽しんだ読書も久しぶりです。

    実はこの本、資格試験のために行った講習会で
    隣の席になったイケメン読書男子が読んでいた本です。
    あまりに楽しそうに読んでいたので
    真似て読んでみたくなりました。

    雪山シリーズ3冊目で登場人物もつながっていたり
    するらしいですが、読書男子が言っていた通り
    この本からでも楽しめました。

    やっぱり本は縁ですね。
    読書男子君、楽しかったです。有り難う☆

  • 殺人の容疑をかけられた大学生が自分の無実をはらすため、アリバイの証言をしてくれる女性を探すという話。
    彼らが出会ったのはスキー場。
    熟練の技術をもつスノーボーダーの美女はあるスキー場をホームグランドにしていると言っていた。
    その言葉と彼女のスノーボードの技術、ウェアをたよりに大学生は友人とスキー場に向かう。
    そして、それを追う刑事たち。

    本の裏表紙にあるあらすじを見た時に緊迫感のあるスリリングな話だと思ったが、読みだしてみるとあまり緊張感が感じられなかった。
    もっとハラハラドキドキするかと期待してたけど、どうも話が間延びしているような感じがする。
    もっと早くに容疑がかけられた大学生以外の別の路線での捜査を進めて話に緊迫感をもたせてほしかったと思う。
    それに何だかんだと話が出来過ぎなような気がする。
    会えそうで会えない・・・まるで韓国ドラマのようなパターンだけど、韓国ドラマのようなハラハラする感じはなかった。
    事件の真相もあっけないものだし。

    スキー場の様子やスノーボードの様子は生き生きとしているのに他の部分はおざなりなような・・・。
    登場人物たちも良くもなし、悪くもなしで、特徴や個性が感じられない。
    読んでいて話に入りこめなくて退屈だった。
    それなりに軽くは読めるけど・・・。
    評価は星3つか2つか迷ったけど、2つにした。

  • 買ってあったのになかなか手を付けなかった一冊。
    東野さんのこのシリーズは薄々合わないのではないか?と気付いていたのですがやっぱりこれもそうだった…

    雪国に住んでいてもスキー場には行かないので情景が浮かびにくく、話も軽い展開でサクっと進みあっという間に読み終わってしまいました。うーん物足りない…

  •  スノーボードをこよなく愛している、東野さんならではの、スノーボーダーの気持ちをしっかり盛り込んだ作品でした。
     いつもの推理小説のような犯人捜しではなく、容疑者にされてしまった竜実が、アリバイを証明するために、警察から逃げながら、アリバイを証明してくれる美人のスノーボーダーを探すという設定は新鮮でした。
     どうなるか?どうなるか?と気になって結局一気読み。
    結局犯人自体は簡単に見つかってしまい、ミステリー性はほとんどゼロでしたが、スキー場での結婚式の様子とか、あえた危険を冒して、木々と間をすり抜け、新雪を滑る様子等が楽しめました。
     結構痛快で、読後感良かったです。

  • 東野圭吾の雪山シリーズ。
    スキー場でくりひろげられる二転三転の逃走劇にハラハラさせられ、抜群の安定感とスピード感で楽しめるさすがのエンタメ小説(東野圭吾、この頃は勢いと面白さだけのこんなんばっかり書いてますね)です。
    根津さんと千晶に大きな進展があったのがファンとしては嬉しい。
    スキーもスノーボードも経験皆無なのですがやってみたくなりますね。
    パウダースノー!

  • 面白かったから一気読みでした!!!
    今回の東野圭吾のサスペンスは視点がとっても上手い!!!無実の罪を着せられた側の若者がどうやって逃げ切るか!無実を証明するか!?の、中で、うまーーーーいことゲレンデが使われてます!

    他の東野圭吾の小説とも微妙にリンクしてて面白い!!!!!

    ついあんまりにもボード行きたくなって、この小説にでてくる妊婦、しかも三ヶ月安定期すら迎えてない妊婦がボードしていて、やればできるもんなんだなー。と、へんなとこに関心した私でした。

    いや、フィクションだけどさ。そんな妊婦もきっといるだろうなぁ。。。と、パウダースノーに心を奪われる八ヶ月の妊婦でした。

    描写がうますぎてよだれが出そうなほどにボードに恋い焦がれます。。。笑

  • 疾風ロンドの続編。
    おもしろかった。
    根津さんと千晶ちゃんが活躍するのもうれしい。

  • 誰が犯人なんだろうと気になって読み進めた。あっという間に読み終わった。

  • 追いかけられながらものんびりした感じが面白い。

  • 今回もハラハラドキドキですごく面白かった。
    根津さんと千晶の仲もようやく進展したようで嬉しい!

  • 前半は、無実の証拠を探す大学生と、犯人を追う刑事のスピード感が面白かったが、後半は何とか着地した感じで拍子抜け。

  • 読みやすいし、情景が脳裏に浮かんでくる感じは毎度のことながら素晴らしいなとは思ったけど、少し矛盾を感じる箇所もあった・・・かな。
    今回も根津くんと千晶ちゃんは主人公では無いのにいい味出していました。。

  • 困ったことに本当に面白くなかった苦笑。読み終わるのに随分時間がかかった。なんかこう盛り上がりに欠けるというか山場がない。途中面白くなるか? と思ったりもしたがやはりずっと平坦な感じ。根津と千晶のコンビは健在です。恋のゴンドラの緑のウンコの話が出てきます、それくらいかな。。

  • 読みやすいし先が気になって一気に読めるけど、深みがないと言うか…やたら行動力のある主人公の友人だとか、真犯人に繋がるポイントを写真から見つけたところとか、容疑者である主人公を簡単に信じて泳がしておく刑事とか、あらゆることにリアリティが感じられなかったかなぁ。
    あとスキー場の登場人物がワラワラ出て来て誰が誰だかわからなくなったりした(笑)
    これは私の読解力の無さか(汗)

  • 殺人事件に巻き込まれアリバイを証明するために事件当日に偶然会った美人スノーボーダーを探しに信州にトンボ帰りする主人公。
    この無理矢理な設定と周りの異常に親切な人々。
    たった二泊三日で名前も聞いてない彼女と再会する主人公。もうアキレサンタ。(日本海大海戦より引用)軽いノリで一気に読めます。
    オススメは…しません。

  • この暑いのに雪山の物語である、仕方がない図書館の順番がやっと回ってきたんだもの、最近はbookoffも以前ほどリーズナブルな価格では売ってくれない。ところで物語はすっかり著者のシリーズ物となった里沢温泉スキー場の物語だ。スキーアクションはもちろんのこと最後にはどんでん返しが待っていると言うエンタメ小説となっている。しかし、30〜40年前バブル前後はあんなにスキーブームだったのに最近はとんと聞かなくなってしまったが、今やスキーをするのは外人ばかりになってしまっているのかしら。

  • この里沢温泉スキー場のシリーズは3冊目。いつも物語にスピード感があって、いっきに読める。
    今回は、運悪く殺人事件の容疑者になってしまう大学生が、自分のアリバイ証明のためにスキー場で出会った「女神」を探しだす話。迫りくるタイムリミットに、なかなか見つからない「女神」。最後までハラハラした。今までのシリーズに出てきた登場人物も出てきて懐かしい。

  • さらっと読めて楽しめた。当事者で焦っているけど何かのんびりしてる主人公を初めとして登場人物の役割がハッキリしているのでシンプルに読めた。今回は警察は小杉以外はみんな無能だったね。

  • 殺人事件の謎解きは正味10ページかそこら。濡れ衣から逃げ回る大学生達の雪山ライフがメイン。そーか、これが描きたかったのか、ってミエミエ。この真夏に雪山は羨ましい〜

  • 東野圭吾さんお得意の雪国スキー場の話。
    私苦手な雪国スキー場の話。
    スノースポーツもスキー場にも行かないので
    どうも取っつき悪いんだけど、ストーリーが面白いので、やっぱり読んじゃう東野圭吾作品。
    温情で人間味のある観察眼のある刑事、加賀恭一郎のように有名じゃなくても、心に残る刑事にしてしまうのは、人間描写が鋭い東野圭吾ならでは。殺人犯にされてしまった大学生の、逃亡と思われた行動には、まるで反対の真実が。
    それにも増して、重なっていく色んな人たちの人生。面白いわ、登場人物それぞれの個性がちゃんと描かれてる。読んでいて、映像を見てるみたい。さすが東野圭吾作品!

  • 偶然の積み重ねで、強盗殺人事件の犯人と思われた主人公が自身のアリバイを証明してくれる女性を探しに長野県のスキー場へ向かう。

    追ってくる刑事、警察へ無実を証明することはできるのか。

    スキー場が舞台で少々季節はずれなタイミングに読んでしまいました。

  • 【あらすじ】
    殺人の容疑をかけられた大学生の竜実。彼のアリバイを証明できるのはスキー場で出会った美人スノーボーダーただ一人。竜実は彼女を見つけ出し、無実を証明できるのか? 『白銀ジャック』『疾風ロンド』の“あの人”も登場! この冬必読・ノンストップミステリー。

    【感想】

  • 雪山を舞台とするシリーズなので仕方ないとは思うが、流石に今回はちょっと話の展開に無理があるかなと感じた。

    ストーリー的にも特に意外性はなく、やや凡庸であるように感じた。

  • 【No.121】「一人一人は小さな虫みたいな存在かもしれないけど、一寸の虫にも五分の魂がある、その魂を集めれば必ず大きな力になるはず」「今は目に入るものすべてが輝いて見える。ほんの数十秒前とは別世界にいるようだ」

全178件中 1 - 25件を表示

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)に関連する談話室の質問

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)の作品紹介

殺人の容疑をかけられた大学生の脇坂竜実。彼のアリバイを証明できる唯一の人物-正体不明の美人スノーボーダーを捜しに、竜実は日本屈指のスキー場に向かった。それを追うのは「本庁より先に捕らえろ」と命じられた所轄の刑事・小杉。村の人々も巻き込み、広大なゲレンデを舞台に予測不能のチェイスが始まる!どんでん返し連続の痛快ノンストップ・サスペンス。

ツイートする