鎮魂 浅草機動捜査隊 (実業之日本社文庫)

  • 21人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 鳴海章
  • 実業之日本社 (2017年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408553313

鎮魂 浅草機動捜査隊 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  これからも続くのだろうか?

  • 記録

    複数の事件が同時進行で起こって
    どんどん読めた。辰巳部長と小町さんいい関係。
    罪の意識がない犯罪者の目の描写が
    本当に薄気味悪い。
    世の中どんな悪い奴でも年齢や精神鑑定で
    守られててどうしようもないけど
    やっぱり腹立つ。
    子供の性的虐待や先生との話も胸にくる。

  • 浅草機動捜査隊シリーズ、8作目。

    とうとう辰見刑事が定年に。最後の一日だというのに、次から次へと事件が勃発し、まさかの、、、展開になりそうだったけど、ならなくて本当に良かった。「マリアの骨」とか「カタギ」などこれまでのシリーズ作品と重なることも多く、グッとくる場面もいっぱい。小町の方も、かなり、というか本当にキツい事件だったけど、これが彼女にとって過去の悪夢を乗り越える一歩になってくれたらいいなと思えるものだった。でも、最後はね、お互いもうちょっと踏み込んでくれても良かったのにぃ(苦笑)。カッコつけ過ぎだよ、辰見さん、、、。
    辰見の定年でもってシリーズ最終章だ、なんてしないでほしいな。小町も小沼くんも十分主役張れるんだし、他の機動捜査隊メンバーの今後の活躍をもっともっと読んでみたい。

全3件中 1 - 3件を表示

鳴海章の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鎮魂 浅草機動捜査隊 (実業之日本社文庫)はこんな本です

鎮魂 浅草機動捜査隊 (実業之日本社文庫)のKindle版

ツイートする