死は望むところ (実業之日本社文庫)

  • 28人登録
  • 3.69評価
    • (3)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 深町秋生
  • 実業之日本社 (2017年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408553887

死は望むところ (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 暗黒警察小説と謳っているだけに、まさに血まみれの内容。
    冒頭の神奈川県警刑事の2人の殺害に始まり、その後、警視庁の特捜隊と謎の人物・マスクマン、そして武装犯罪組織との闘いが延々と描かれる。
    敵味方関係なく、次から次へと殺害される様子は、読むのに耐えられない部分も…主要人物と思われる人も簡単に死ぬ。
    元々ハードボイルドが得意な作家さんだが、今回の作品はいささか度が過ぎる。でも、手に汗握る展開で、最後に誰が勝つのか先が気になり、ページを進めさせてしまうところはさすがかも。

  • 深町秋生『死は望むところ』実業之日本社文庫。

    血まみれの暗黒警察小説。武装犯罪組織と警察組織との血で血を洗う闘いが、これでもかと描かれる。誰が主人公なのかもはや解らず、誰が生き残るのかも全く解らない。

    神奈川県南足柄市の山中で敏腕女刑事らが武装犯罪組織・栄グループに襲撃され、命を落とす。警視庁特捜隊は栄グループに復讐すべく、襲撃者たちを追うが…

  • アブノーマルでインモラルなアウトローたちがひたすら殺しまくるアクション小説。個人的にはものすごく好きで、チョー楽しい。
    さすがに描写力がしっかりしているので、荒唐無稽でも全く気にならずに楽しめる。

  • なかなか展開が読めずに楽しめた作品。
    でも、ちょっと重くて長過ぎたかな。

  • これはまたずいぶん派手にぶちかましたもんだ。たまにはこういうのもいいだろう

全6件中 1 - 6件を表示

深町秋生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

死は望むところ (実業之日本社文庫)はこんな本です

死は望むところ (実業之日本社文庫)のKindle版

ツイートする