京都やすらい殺人物語 (ジョイ・ノベルス)

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 秋月達郎
  • 有楽出版社 (2009年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408605463

京都やすらい殺人物語 (ジョイ・ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 竹之内春彦シリーズ。
    今回は、今宮神社さん周辺が舞台。

    桜石、やすらい祭り等、知らない京都がでてきて、次回、行った時はみたいなー!と思いました。

    このシリーズ、自分が旅をしている感覚になるので、楽しいです。

  • 15年前、高校の卒業式当日、少女とその母親が自宅で惨殺された。その死体にはなぜか桜の花びらが散り撒かれていた。事件後姿をくらませてしまった父親の仕業と思われたものの、その行方は杳としてわからず事件は未解決のまま。そして時効が目前に迫った今年、初めてクラス会が催されることになったのだが、その矢先、幹事のひとりが殺害されてしまう。殺される直前に彼が友人に送ったメールには、ただ“やすらい”の文字―。

    ジョイノベルス(2009・03)

全4件中 1 - 4件を表示

秋月達郎の作品

京都やすらい殺人物語 (ジョイ・ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

京都やすらい殺人物語 (ジョイ・ノベルス)はこんな本です

ツイートする