大塚康生インタビュー アニメーション縦横無尽

  • 27人登録
  • 3.83評価
    • (5)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 実業之日本社 (2006年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408612553

大塚康生インタビュー アニメーション縦横無尽の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書評で絶賛されていただけあります。インタビュアーはよく調べています。よく調べているので、気持ちよく答えています。カリオストロの城は、宮崎ありきではないんですね。この業界は、かけもちが前提なんですね。

  • 請求記号・778.77/Ot  資料ID・100047793
    平成23年10月「インタビュー/対談本」にも展示

  • 日本のアニメーション界を牽引してきたアニメーター、作画監督の大塚康夫さんの経歴を徹底的に振り返る詳細なインタビュー。興味深い内容もさることながら理屈抜きに大笑いできる可笑しい箇所もあって全く飽きさせません。聞き手である森遊机さんのアニメーションと大塚さんへの愛が感じられます。

  • 実はこれ、老後本で、すでに終わった人が日本アニメというか宮崎・高畑の歴史を語ってる非常に重要な本です。これまでもその周辺は当事者間でたくさん語られているし、大塚氏自身の著書もありますが、本書はまた少し趣が違う。大塚氏ってもう75歳なんだよね。もう、この枯れ方と許し方っていうのか。
    この75歳が、いかに自分が絵が上手くて周りと揉めたか、いかに宮崎らの演出に負けたのかを語りつくす(当時の名場面スタッフ帳としての機能もあり)。なにか、時代に翻弄された侍のごとくであります。

全4件中 1 - 4件を表示

大塚康生の作品

大塚康生インタビュー アニメーション縦横無尽を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大塚康生インタビュー アニメーション縦横無尽を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大塚康生インタビュー アニメーション縦横無尽を本棚に「積読」で登録しているひと

大塚康生インタビュー アニメーション縦横無尽はこんな本です

ツイートする