いくつもの声: ガヤトリ・C・スピヴァク日本講演集

  • 11人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 星野 俊也  本橋 哲也  篠原 雅武 
  • 人文書院 (2014年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409030813

いくつもの声: ガヤトリ・C・スピヴァク日本講演集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 民主主義において必要な情報に充分アクセス出来ない人々への留意、グローバル化がもたらす合理化への弊害への留意、ジェンダーや格差をからめて理想のあり方を模索している。人文分野、哲学と文学、想像力の重要性。境界と無境界、必要な歩みを残すという難しい運動をしていると思う。線引の難しいことがあり重要なのは運動そのものなのかもしれない。そういう印象を持った。

  • スピヴァクである、、、

    人文書院のPR
    「世界のあらゆる境界と時間を越え、名もなき人々の声がこだまする――

    スピヴァク思想の真髄を示す圧巻のスピーチ

    2012年秋、スピヴァクは京都賞受賞を機に来日、各地で四つのスピーチをおこなった。世界的な思想家、教育者、社会活動家となったいま、あらためて自身の来歴と活動をふまえ、グローバル化における人文学的想像力や民主主義の再考などについて、時にやさしく、時に力強く私たちに呼びかける。」

全3件中 1 - 3件を表示

いくつもの声: ガヤトリ・C・スピヴァク日本講演集を本棚に登録しているひと

いくつもの声: ガヤトリ・C・スピヴァク日本講演集を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いくつもの声: ガヤトリ・C・スピヴァク日本講演集を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いくつもの声: ガヤトリ・C・スピヴァク日本講演集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いくつもの声: ガヤトリ・C・スピヴァク日本講演集の作品紹介

2012年秋、スピヴァクは京都賞受賞を機に来日、各地で四つのスピーチをおこなった。世界的な思想家、教育者、社会活動家となったいま、あらためて自身の来歴と活動をふまえ、グローバル化における人文学的想像力や民主主義の再考などについて、時にやさしく、時に力強く私たちに呼びかける。

いくつもの声: ガヤトリ・C・スピヴァク日本講演集はこんな本です

ツイートする