日本哲学原論序説: 拡散する京都学派

  • 14人登録
  • 1レビュー
著者 : 檜垣立哉
  • 人文書院 (2015年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409041079

日本哲学原論序説: 拡散する京都学派の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015/7/17読了。

全1件中 1 - 1件を表示

檜垣立哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

日本哲学原論序説: 拡散する京都学派を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本哲学原論序説: 拡散する京都学派を本棚に「積読」で登録しているひと

日本哲学原論序説: 拡散する京都学派の作品紹介

明治、西洋からの輸入によって始まった日本の哲学は、東洋的な精神性をまといつつも、思想的近代性によって日本的土壌を批判しもする特異な営みであった。西田幾多郎に始まり、現在まで引き継がれるその流れの特徴はいかなるものなのか。本書では「垂直性と水平性の交錯」「現在中心主義」「主語の不在」などをキーワードに、日本哲学史の原理を探り、分析の切先において列島の彼方へと可能性を解き放つ。西田幾多郎没後70年、いま再び新たな哲学論。

本書で扱う主な哲学者:西田幾多郎、和辻哲郎、九鬼周造、田邊元、三木清、廣松渉、木村敏、坂部恵、大森荘蔵

「「拡散する京都学派」として、いわゆるアカデミズム哲学のなかでの「日本哲学」の水脈を辿ったこの探求の先にとらえられるべきものは、京都学派そのものを多層的に縦断・横断している深さと切断における別の日本である。それはすでに、「アカデミズム」の枠内での「日本哲学」からも、とりわけ西田の、何者かに憑依されたかのような文体からも、はみだしていくものであるはずだ。」(本書より)

ツイートする