抗いの条件―社会運動の文化的アプローチ

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 西城戸誠
  • 人文書院 (2008年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409240793

抗いの条件―社会運動の文化的アプローチの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 関連必読文献
     ◆渡邊洋之「社会運動における「我々」の形成と展開」(有)
      ◇アルベルト・メルッチ 1995 「インタビュー 新しい社会運動と個人の変容」『思想』849号(未)
      ◇石川准 1988 「社会運動の戦略的ディレンマ」『社会学評論』第39号第2号(未)
      ◇安立清史2006「非営利組織理論の社会学的検討」『人間科学共生社会学』5,1-15九州大学大学院人間環境学研究科
        -社会運動とNPOの議論における理論的立場の違い

全1件中 1 - 1件を表示

西城戸誠の作品

抗いの条件―社会運動の文化的アプローチを本棚に登録しているひと

抗いの条件―社会運動の文化的アプローチを本棚に「読みたい」で登録しているひと

抗いの条件―社会運動の文化的アプローチを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

抗いの条件―社会運動の文化的アプローチを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

抗いの条件―社会運動の文化的アプローチを本棚に「積読」で登録しているひと

抗いの条件―社会運動の文化的アプローチの作品紹介

市民による抗議運動は、現在もなお多様な形で生起している。それらの活動はどのような条件のもとで生まれ、誰が担い、いかにして沈静化してゆくのか。国内における複数の運動を丹念に追い、理論的分析により、現場が有する豊かな可能性を描き出す力作。理論と実践が溶け合う、その運動の原点へ…。

抗いの条件―社会運動の文化的アプローチはこんな本です

ツイートする