PANA通信社と戦後日本: 汎アジア・メディアを創ったジャーナリストたち

  • 15人登録
  • 1レビュー
著者 : 岩間優希
  • 人文書院 (2017年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409241189

PANA通信社と戦後日本: 汎アジア・メディアを創ったジャーナリストたちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東2法経図・開架 070.1A/I94p//K

全1件中 1 - 1件を表示

岩間優希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

PANA通信社と戦後日本: 汎アジア・メディアを創ったジャーナリストたちの作品紹介

日本の政治家で彼を知らない者はいない、白洲次郎が会ってみろといった男、宋徳和。彼が設立したアジア人のためのアジア系通信社、PANA通信社とはどのようなものだったのか。そこには、ヴェトナム戦争を取材した岡村昭彦、朝鮮戦争を取材、トップ屋集団「東京ペン」を率いたのちPANAを引き継いだ近藤幹雄、シンガポールと日本の架け橋となった陳加昌、太平洋ニューズ圏を夢見た時事通信社の長谷川才次など様々な人材が集まった。綿密な聞き取りと調査をもとにしたある通信社の戦後史。

ツイートする