表象の傷―第一次世界大戦からみるフランス文学史 (レクチャー第一次世界大戦を考える)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 久保昭博
  • 人文書院 (2011年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409511152

表象の傷―第一次世界大戦からみるフランス文学史 (レクチャー第一次世界大戦を考える)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • w

全1件中 1 - 1件を表示

表象の傷―第一次世界大戦からみるフランス文学史 (レクチャー第一次世界大戦を考える)を本棚に登録しているひと

表象の傷―第一次世界大戦からみるフランス文学史 (レクチャー第一次世界大戦を考える)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

表象の傷―第一次世界大戦からみるフランス文学史 (レクチャー第一次世界大戦を考える)の作品紹介

「戦争文化」は文学に何をもたらしたのか?ベル・エポックから狂乱の時代へ。豊穣な文学の開花とそれを突然断ち切った大戦。大戦前後に起こった芸術上の転回とはいかなるものだったのか?戦時中の文学状況を「戦争文化」という概念を手がかりに考察する。

表象の傷―第一次世界大戦からみるフランス文学史 (レクチャー第一次世界大戦を考える)はこんな本です

ツイートする