うたごえの戦後史

  • 16人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 河西秀哉
  • 人文書院 (2016年10月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409520642

うたごえの戦後史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦後日本において各所で活動した「うたごえ運動」「おかあさんコーラス」の歴史を追う一書。民主主義と合唱が重ねあわされ、人々のつながりを生み出すひとつのツールとして「合唱」を位置づけた点で興味深い。

    ただ、1970年代の研究であれば、当事者のオーラルヒストリーなどがあればより深まったように思う。また、1970年代から突如1990年代に飛んでおり、戦後史としてはちょっと飛躍があるように感じられた。

    あとは、戦後民主主義の理解に何か新しい知見を得たという感じではなく、合唱を通じて、これまでの戦後史を再確認した、という印象が強い。合唱史(というジャンルがあるとすれば)としては新しいのかもしれないけれど、戦後史としては何が新しかったのか、あまり感じ取ることができなかった。

全1件中 1 - 1件を表示

河西秀哉の作品

うたごえの戦後史の作品紹介

うたうこと、それはまずは娯楽であり、同時に常にそれ以上の何かでもあった。戦時には動員の手段として、戦後には市民運動や社会闘争の現場で、民主と平和の理念を担い、うたごえは響いていた。本書では日本近代以降、とくに敗戦から現在にいたる「合唱」の歴史を追う。うたごえ運動、おかあさんコーラス、合唱映画…。戦後史に新たな視角を切り拓く意欲作。

ツイートする