民族誌的近代への介入―文化を語る権利は誰にあるのか (叢書文化研究)

  • 11人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 太田好信
  • 人文書院 (2001年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409530238

民族誌的近代への介入―文化を語る権利は誰にあるのか (叢書文化研究)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 定価2300円から7割引

全1件中 1 - 1件を表示

太田好信の作品

民族誌的近代への介入―文化を語る権利は誰にあるのか (叢書文化研究)を本棚に登録しているひと

民族誌的近代への介入―文化を語る権利は誰にあるのか (叢書文化研究)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

民族誌的近代への介入―文化を語る権利は誰にあるのか (叢書文化研究)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

民族誌的近代への介入―文化を語る権利は誰にあるのか (叢書文化研究)を本棚に「積読」で登録しているひと

民族誌的近代への介入―文化を語る権利は誰にあるのか (叢書文化研究)の作品紹介

カルチュラル・スタディーズ、ポストコロニアル批判、サバルタン・スタディーズ、…そして、文化人類学。「現地の人々の視点から」の実践に向けて。

民族誌的近代への介入―文化を語る権利は誰にあるのか (叢書文化研究)の単行本

ツイートする