東日本大震災の人類学: 津波、原発事故と被災者たちの「その後」

  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409530436

東日本大震災の人類学: 津波、原発事故と被災者たちの「その後」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  トム・ギルら編者は、2年の歳月を経てこの歴史的な大震災をようやく冷静に見つめることが可能になったのではないかと考え、「大震災という非常事態のなか、被災した個人や共同体が何を選択し、(中略)文化的な持続性がどのようにはたらき、また革新的変化がどのように起こったのか」を本書で明らかにしようと試みる。
     被災現場で支援を拒む人々の実態とその理由に鋭利に迫る「支援を拒む人々」、被災者たちがボランティアの援助を受けながら、いかに自尊心を守ったかを分析する「ボランティア支援における倫理」、現役の学生によって設立された「Youth for 3.11」への長期参与から、若者の視点からの震災と彼らの活動の動機と社会意識に言及する「3.11と日本の若者たち」など、本書には「人類学」という方法論に照射された、10通りの「3.11」が収録されている。
     本書では、長期にわたり日本に住む外国人が多く筆を執る。異邦人であり同胞である彼らが語る言葉は、貴重な日本(人)論として耳を傾ける価値がある。

  • トム・ギルほか編『東日本大震災の人類学 津波、原発事故と被災者たちの「その後」』人文書院、読了。本書は外国人日本研究者たちによる震災と復興の現場を記録した。人類学の観点から各人が被災地に赴き出逢った人々やその生活についての論集。帯の「3・11は終わっていない」が印象的。

    共同体への憧憬は「ふるさと」というイデオロギーにすぎないのは自明だが、これが瞬時に壊れた時、何が進行するのか。ためにする論評は不要だが、日本人研究者の見落としがちな襞に著者たちは分け入っていくが、外から初めて見えるものがある。

    宗教(学)との関係では、ネーサン・ピーターソン「がれきの中の祭壇 大震災を経験した岩手県での信仰習慣の順応」を所収。震災があぶり出す日本人の宗教性の個人的・集団的を追跡する。「自分の手で記念碑を建てた」被災者が多いと記す。

     http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b108281.html 3・11被災地での徹底したフィールドワークを基にした民族誌。 ~ 大災害を乗り越える日本の文化的伝統と同時に革新的変化の兆しをみることができる。

  • 請求記号:369.31/Gil
    資料ID:50070254
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

  •  長年日本に住み研究に携わってきた著者らが、現在進行形の災害を生き抜く人々の姿を描く「被災地」の民族誌。ボランティアやジャーナリストを感嘆させ、戸惑わせた、礼儀正しさと支援拒否の態度はどこからくるのか。人々はどのように日常を取り戻そうとしているのか。東北の文化的伝統、革新的変化の兆しを見出せる一冊です。
    (教育学部 体育専修)

  • 現地入りしてくださった皆様に感謝。。。

    人文書院のPR
    「3・11被災地での徹底したフィールドワークを基にした民族誌。著者はおもに外国人で、長年日本に住み、あるいは日本研究に携わってきた人類学者、社会学者、そしてジャーナリストやNPOスタッフとしていち早く現地入りし、断続的な調査を続けてきた。被災地となった故郷への思い、避難生活の在り様、あるいはジャーナリストやボランティアとして被災地に集まった人々が直面した困難など、それぞれ独自の視点から描く。大災害を乗り越える日本の文化的伝統と同時に革新的変化の兆しをみることができる。」

全6件中 1 - 6件を表示

トム・ギルの作品

東日本大震災の人類学: 津波、原発事故と被災者たちの「その後」を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東日本大震災の人類学: 津波、原発事故と被災者たちの「その後」を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東日本大震災の人類学: 津波、原発事故と被災者たちの「その後」を本棚に「積読」で登録しているひと

東日本大震災の人類学: 津波、原発事故と被災者たちの「その後」はこんな本です

ツイートする