首輪をはずすとき

  • 28人登録
  • 3.86評価
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 丸山健二
  • 駿河台出版社 (2011年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784411040190

首輪をはずすときの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々の丸山健二。東日本大震災は第二の敗戦だ。福島を満州国の喪失とまでたとえる。その敗戦の理由も同じでそれは『 身の程知らず』だからだと。

  • 甘えがあるから、自立の精神が崩壊する

    人間だから弱いんだと認める事が甘えだ

    震災と原発と植物動物と、政治経済と


    予約が回ってきたから読んだけど、とにかく厳しい
    読んでてつらい
    泣いても毎日がんばるのも、まだ甘えだと言われているようで
    でも、本のめぐり合わせは私を支えるものだから、読みたくて読んだって事は必要なんだろう

    自分を鍛えなきゃね





    生在るところには必ずや死が在る
    死なくして生なく、生なくして死なし
    とはいえ、生への罰として死が在るわけではない


    そうでなければ夕焼けがこんなに美しいわけがない
    …だったろか
    ヘーベルの詩らしいが

  • 震災後におこなった講演のを起こしたものと、被災地を訪れての感想(歩きながら話しながら録音したような感じの言葉)

    私は丸山さんの本をはじめて読んだので、まだなんともいえない。

    講演の内容に関しては、(※講演と気づかなかったため)人を下に見すぎではないのかと思ったりもしたが、聴衆のレベルに合わせて話すという振る舞いの結果そういうことになったのかもしれない。

    言葉は苛烈で真理を付いているかのようにみえて、そうでもないのではないかとも思える。見きわめるにはもう少し作品を読まなければと思った。

  •  非常に重い内容の本。
     作者の渾身の問が自分を激しく迫ってくる心持ちがする。

     震災に対する時の覚悟を求めてくる。

     ただ漫然と読み、そのまま読み終わって忘れてしまうのが許されない作品。

     私のような軟弱な人間にはほとんど「毒」である。
     しかし、飲み込まねばこの社会を歩いて行けないのも確かである。

全4件中 1 - 4件を表示

丸山健二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

首輪をはずすときはこんな本です

ツイートする