図説 地図とあらすじで読む古事記と日本書紀

  • 84人登録
  • 3.33評価
    • (4)
    • (8)
    • (25)
    • (1)
    • (1)
  • 11レビュー
制作 : 坂本 勝 
  • 青春出版社 (2005年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413007818

図説 地図とあらすじで読む古事記と日本書紀の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で借りた。地図で見ると面白い

  • ■購入、読了

  • まずまず

  • 図書館

  • わかりやすい。

  • こんなにわかりやすい解説書初めてです。
    図解が丁寧ということ。
    見開きページで話が完結するように説明が纏まっていること。

    これを歴史の教科書にしたらもっとわかりやすいと思うんですけどねー。

  • 古事記 712年3巻 日本書紀 720年30巻
    欠史八代 2−9記録が少ない 武烈天皇25 気性が荒い 皇統断絶 北陸から応神天皇の5世の孫にあたるおおどのおうをまねきいれる

  • 地理感覚が薄いのでこういう地図図解は助かります。

  • 図説や地図は、見やすくてよかったです。

  • これも飛行機読書用。
    内容、情報量、という事よりも、年表とか地図とか相関図とか、そういうのを改めて目視確認するのには役立つ本。
    なんとなく古事記に押されぎみの日本書紀の背景、思惑に思いが深まって、日本書紀もきちんと読まなきゃな、と思ったりもする(決して読みやすいものではないのだけれど)。

全11件中 1 - 10件を表示

図説 地図とあらすじで読む古事記と日本書紀を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図説 地図とあらすじで読む古事記と日本書紀を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図説 地図とあらすじで読む古事記と日本書紀の作品紹介

古事記と日本書紀は何が違うのか、日本の神々と古代史の関わりとは-「記紀」の世界観が一目でわかる。

図説 地図とあらすじで読む古事記と日本書紀はこんな本です

ツイートする