知的経験のすすめ―何んでも逆説にして考えよ

  • 53人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (6)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 開高健
  • 青春出版社 (2003年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413021623

知的経験のすすめ―何んでも逆説にして考えよの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私のような頭の悪い人間には、
    読みやすい開高さんと
    読みにくい開高さんがあるんだけど、
    これは前者。
    彼の生涯、価値観がすっとはいってくる。
    じつによかった。
    これは本棚になくてはならないものです。

  • 半自伝。 
    「 頭だけで生きようとするからこの凝視の地獄は避けられないのです。手と足を忘れています。分析はあるけれど総合がない。下降はいいけれど上昇が無い。影を見ているけれど本体を忘れている。孔子のいうようにバクチでもいい。台所仕事でもいい。手と足を思い出すことです。それを使うことです。落ちこんで落ちこんで自身が分解して何かの破片と化すか、泥になったか、そんなふうに感じられた時には、部屋の中で寝てばかりいないで、立ちなさい。立つ事です。部屋から出る事です。
    一九八七年一月某夜  開高 健



    開高さんはオ―パ等の釣りや旅行記も良いが、こうした自分語りの作品も面白い。 ベトナム戦記あたりも今後読みたい


    最終章 アラスカの森で朽ち果てて倒れている木に対して老人ガイドが「これは森を守り育てているので”ナースログ(看護婦の木)”と呼ばれているんだ。トラッシュじゃないんだ」という。結局倒れた木が栄養分となり、森のあらゆる生命を育てているそうだ。これは人間にも言える事であり、一見無駄に見える事でも心にとっては無駄な事などなく、栄養となるのだ。だから、無駄を恐れるな。むしろ、無駄をこそ持て。 

    ありがたきお言葉です

  • 099

  • 台所仕事でもいい。スポーツでもいい。畑仕事でもいい。手と足を思い出すことです。それを使うことです。私自身を振り返ってみて若くて感じやすくておびえてばかりだった頃、心の危機に襲われた時、心でそれを切り抜けたか、手と足で切り抜けたか、ちょっと数えようがありません。
    http://www.touchingword.net/detail.php?id=889

  • やりたいことに積極的に取り組む勇気をくれる。

  • アタマよりカラダ、情報より経験だ!

  • 08.3.21読む。

全7件中 1 - 7件を表示

開高健の作品

知的経験のすすめ―何んでも逆説にして考えよを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知的経験のすすめ―何んでも逆説にして考えよを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知的経験のすすめ―何んでも逆説にして考えよを本棚に「積読」で登録しているひと

知的経験のすすめ―何んでも逆説にして考えよはこんな本です

知的経験のすすめ―何んでも逆説にして考えよの文庫

知的経験のすすめ―何んでも逆説にして考えよの単行本

ツイートする