いい男の条件―肩書きでも、年収でも、外見でもない…

  • 136人登録
  • 3.00評価
    • (5)
    • (8)
    • (38)
    • (10)
    • (4)
  • 21レビュー
著者 : ますい志保
  • 青春出版社 (2003年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413021678

いい男の条件―肩書きでも、年収でも、外見でもない…の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 銀座のママが執筆するこのタイトルに興味を惹かれたけど、あまり参考にならなかったかも。

  • 人目を気にせず、再起する。

  • タイトルがキャッチーな割に構成は浅くて残念だった。タイトルがキャッチーなだけに、もったいない!と言うのが正直な感想。私が編集者だったら絶対このまま出版させないな。帯には「今度こそ本当の人に出逢いたい!読みながら涙が止まりませんでした」ってあったけど、一体この本何に共鳴したのか、甚だ疑問。たぶんその人は失恋直後で別のことで泣いていたのだと思う。(余計な勘ぐりだけど。)
    では何がこの本に足りないのか?
    それはたぶん各論。このますい志保さんが‘なぜそう感じたのか?’という彼女なりの経験が具体的に入っておらず、すべてが耳触りのいい総論にすぎないようになっている。でも、これだけの総論を言えると言うことは、このますい志保さんはそれなりに経験をしてきているはず。そこを編集者がうまく引き出すべきだったと思う。

  • 男たるもの、辛い時があっても人に当たらず、全てを飲みこんでいけるそんな人になりたいものだな。

  • いい男の条件>潔さ

  • 姉妹で・・・そんなん知ってるよ。。。

    でも、やっぱりその上質の世界にずっと君臨している事自体は、
    尊敬に値するな。

    女としての価値を、年齢だけじゃない事を証明できる人は、
    今の日本にもっともっと必要だと思うな。

  • レビューについては下記にて。
    http://mutsukisetsura.blog137.fc2.com/blog-entry-56.html

  • 仕事では体力が必要だが、そこには精神的な体力も含まれていて、本書から後者の体力が人間的な魅力も持っている共通点なのだろうと感じた。知識や体力だけでなく、精神的な筋力が重要なのかもしれない。

  • 200328
    大学の同窓らしい。
    自分はまだまだ小さいなと思った

  • 起業家、会社役員など一流のいい男に焦点を絞って書いている。

    個人としては、若くとも起業し成功しているいい男に出会ってきて、
    共通する部分も多々あるが、また年齢層などによっても違うのではないかと、
    銀座という土地に集まるおそらく年齢も重ねたうえでのいいおとこなのではないかと、
    思わせる。

    いまいち訴えかけるもの、言いたい事が心に入ってこない。
    いい男と出会いたかったら、一流の人に囲まれなさいというところでしょうか。

全21件中 1 - 10件を表示

ますい志保の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ロンダ・バーン
ジェームズ アレ...
湊 かなえ
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

いい男の条件―肩書きでも、年収でも、外見でもない…を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いい男の条件―肩書きでも、年収でも、外見でもない…を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いい男の条件―肩書きでも、年収でも、外見でもない…を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いい男の条件―肩書きでも、年収でも、外見でもない…を本棚に「積読」で登録しているひと

いい男の条件―肩書きでも、年収でも、外見でもない…はこんな本です

ツイートする