英語は40歳を過ぎてから―インターネット時代対応

  • 13人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 桜井俊彰
  • 青春出版社 (2000年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413031851

英語は40歳を過ぎてから―インターネット時代対応の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • つくづくこういう本を読むと、英語だからといって身構えることないのだと思う。ラジオやネット、勉強できるツールは身近にあるし、完璧に習得しなくても、きっとコミュニケーションは成り立つ。重要なのは日常的に英語に触れる機会をもつこと、英語だからといって怖じ気づかないこと、なのかも。

  • 「読む」「書く」「話す」「聞く」のうち、前2者が大切という主張には同感できる。
    具体的方法については第5章で、英字新聞、NHKラジオ英会話、それにシャドウイングリッシュの3つが概略で説明されている。勉強法というのは人それぞれなので、これを元に自分の方法を確立する必要がある。
    この本は勉強法そのものより、筆者の主張を参考にできるかどうかに価値があるように思う。

  • ポイント
    ●目的
    英語は「夢」を実現するための手段。英語を学ぶこと自体が目的ではない。
    「目的」や「夢」があれば英語は乗り越えられる。
    ●中身
    英語ができることと、仕事や学問ができるのは全く別。
    英語で話すべき専門分野や得意分野を持つことが重要。
    ●アイデンティティ
    日本人としてのスピリチュアルベースを持つこと。

  • 06188

全4件中 1 - 4件を表示

桜井俊彰の作品

英語は40歳を過ぎてから―インターネット時代対応を本棚に登録しているひと

英語は40歳を過ぎてから―インターネット時代対応を本棚に「積読」で登録しているひと

英語は40歳を過ぎてから―インターネット時代対応はこんな本です

ツイートする