自分が変わる水の奇跡

  • 27人登録
  • 3.28評価
    • (4)
    • (1)
    • (10)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 江本勝
  • 青春出版社 (2005年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413035514

自分が変わる水の奇跡の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  水の不思議な力を再度学ぶ。これで確か3冊目。

    抜粋
    プロローグ  最も美しい”愛と感謝”のエネルギーとは
      人に与える″愛″と、人から受け取る″感謝″のバランス

    1章 水が映し出す自分の心を知る
      大自然の振動から伝わった言葉の美しさ
      いい言葉を使えば、自分も変わる

    2章 人生を変える水の結晶の秘密
      エネルギーのある言葉が夢を叶える
      相手を励ます言葉は、自分も励ましてくれる
      「うれしさ」とは相手に喜んでもらうこと
      〝元気な状態″こそが人間の原点
      生きることそれ自体が″楽しい″

    3章 「振動と共鳴」が幸せを運んでくる
      「愛」を与え続けると幸せになる
      全ての存在は振動である
      生きるエネルギーの元は振動すること
        私たちに聞こえる音の範囲は、一五ヘルツから二万ヘルツまで
        とされており、これを可聴音域といいます。ちなみに、一五ヘル
        ツといえば、一秒間に一五回の振動を表します。

      水を通して″振動″は伝わっていく
      水が多い方がエネルギーは出やすい
      相手への共鳴がコミュニケーションをよくする
      
    4章 水の結晶が教えるすてきな人に変わるヒント
      無意識な言葉に潜む不思議な能力
        最もよくないのが、自分の体や顔や性格に対して無関心な人
        です。(略)頭の先から足の先まで意識していとおしむ-
        これが美しさを保つ秘訣だと思います。
        
      何故いっしんに願うと夢が実現しやすいのか
        結晶の成長のスピードがとても早く、あっという間に大きくなって
        いきます。一つでもいいから希望を持つ事ができれば、次の
        希望も連鎖的につながるということを意味しているのです。
        (略)それを口に出したり、書き表したりすることは、この上なく
        重要なポイントです。(略)言葉や文字にした方が振動が大きく
        なり、具現化しやすくなるのです。

      声に出して言うと効果は倍になる
        音楽を聞かせた時の変化のスピードのほうが、はるかに速かった
        のです。(略)音声の方が文字よりも振動が強いために、伝わる
        力も強いからです。

      手と手を合わせるとエネルギーがみなぎる
      バリエーションを変えて自分をほめる
        「〇〇しようね」は美しい結晶になりましたが、「〇〇しなさい」
        は「悪魔」と同じような結晶になったのです。
      
    5章 きれいな水と生きる気持ちのいい生活術
      「飲む水」をよりおいしく味わうために
        まず水を飲む前に、じっと見つめること。いとおしそうに見つめる
        ことが大切です。そして、「ありがとう」と言って飲んでください。

      いつも水を意識すると気持ちが変わる
      お風呂の心地よい振動で上手に癒されよう

    6章 「愛と感謝」の想いが地球を救う
    エピローグ 水から広がる平和への輪
      全世界に広がる共鳴理論
        「形態形成共鳴理論」

      常によくなろうとしている水に学ぶ
      何があっても水の力を信じたい

  • 神秘的という言葉だけでは言い表せない不思議な世界。水の大切さ、言葉の意味。読まなくてもいいから、手にとって見るだけでも価値がある本。愛・感謝という結晶。すごいきれい!思わずみんなに見せちゃった。超お薦め。きれいな言葉を使って、体の中から美しくなる。これができればいいね〜

  • 普段から使う言葉を大切にしたいなって思える本。載っている結晶を見ながら同じ言葉を唱えてみたりするとかなりリラックスできます。これは仕事で行き詰った時に使える☆

  • 分類=精神世界。05年9月。

全6件中 1 - 6件を表示

江本勝の作品

自分が変わる水の奇跡はこんな本です

ツイートする