監察医が交わした死体との悲しい約束

  • 45人登録
  • 3.40評価
    • (3)
    • (4)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 上野正彦
  • 青春出版社 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413036368

監察医が交わした死体との悲しい約束の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の老後が心配になってきました。
    将来家族に迫害されない方法も教えてほしかった。
    26/11/23

  • 知っている事件がいくつも取り上げられていて、「そんな事件もあったな」と思い出しながら、より身近な問題として考えさせられた。

  • 元東京都監察医務院長医学博士、上野さんの経験談

    大江健三郎の本にでてた、死体洗いのアルバイトの話は嘘らしい。
    ただの都市伝説だったかぁ・・・

    「解剖は一見むごいような印象を与えますが
    死んだ人の人権を守っていることにほかならない」
    分かっちゃいるけどね、あたしのあのひとを傷つけないでぇぇぇぇと思うんじゃないカナ

    まぁ、立場上からの本がたくさんでてますが
    これ一冊でいいかな。
    あんま興味もつこと書いてなかった。

    ( ・_ゝ・)<説教くさいオジーチャンの本。しかし現場を経験した人の声。

  • ひと昔前には、あり得なかった虐待死。
    母親だけは子供の味方・・・、そんな常識は通用しない。
    こんな悲しい死体が数えきれない。

  • これで何作目になるのかな、正直ネタぎれなのかなって感じでした。が、高齢者の自殺で、一人暮らしの人より、家族で暮らしている人のほうが率が高いというのはショックでしたね。隔離されるあまり孤独を余計に感じてしまうようです。最近の時事ネタ(子どもの自殺、いじめなど)とからめてかかれているので、考えさせられた面もありました。

  • 二万体を超える変死体を見てきた監察医さんの話。
    彼らの声を聞き逃さないように、その声との約束を果たすために、30年監察医を続けてきた著者には頭が下がる思いです。
    現場を見てきた彼にだからこそわかる声。スゴイです。

全6件中 1 - 6件を表示

上野正彦の作品

監察医が交わした死体との悲しい約束を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

監察医が交わした死体との悲しい約束はこんな本です

ツイートする