酵素で腸年齢が若くなる!

  • 35人登録
  • 3.64評価
    • (4)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 鶴見隆史
  • 青春出版社 (2008年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413036733

酵素で腸年齢が若くなる!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「リーガット症候群」という腸管壁滲漏症候群?という言葉を初めて聞きました。これがあると腸が炎症を起こし大きな分子を血液に入れてしまうと書いてあり、喘息・花粉症・アトピー・膠原病・クローン病などが引き起こされてしまうそうです。敷いては糖尿病や高血圧までその影響であると書いてあります。「酵素が人の生命活動において何より重要」「すべての病気の元凶は酵素不足であると書いてあります。そして病気のすべては腸内環境の悪化であるとありました。とてもわかりやすく書いてあります。目からうろこです。

  • 酵素を無駄遣いしなければ150才まで生きられるそう…ワタシは41歳・旦那は46歳で初子誕生したので、できるだけ長く生きたいと思うようになった。できれば平均寿命の20年は軽く越えたい…もちろんピンピンで。人間の生命維持活動というのは酵素の貯金を切り崩して生きていると言ってもいい。それは主に消化活動で使われるのだけど、暴飲暴食していると、酵素の目減りは著しく、酵素も作られにくくなる。歳をいくほど、酵素の出が悪くなって消化活動も鈍くなる。なので、生の食物を多く摂ろうと提唱している本。生の物というのは、自ら分解酵素を出して、消化する機能を持ち合わせているので、胃の中に入ったら消化の一役に買ってくれるという。キムチや納豆などの発酵食品には酵素が多く含まれているので、発酵食品とローフードの割合をできるだけ多くすると、身体は健康になるし、肌もキレイになるアンチエイジング食=寿命が延びるという話し。と言う事で、ワタシは今、酵素を飲んでま〜す♪

  • 酵素が大切、その為には生の野菜と果物etc、重要な事が何度も出てくるので、わかりやすかった!小麦のお話の後に読むと何が重要なのかがわからなくなるけど、小麦は脳に、酵素は腸だから、そこが違うことを認識した上で、私も出来ることから取り入れよう。2016/12/913完読

  • 便秘に悩み中のとき、本屋さんで偶然であった1冊。自分が思っていた健康的な生活が結構間違っていたのだと発見。生活習慣を見直すのに役立ちそうな一冊。読みやすく、内容もわかりやすくていいです。

全4件中 1 - 4件を表示

鶴見隆史の作品

ツイートする