人生の壁にニーチェやカントがどう応えるか哲学の実践ノート

  • 37人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 白取春彦
  • 青春出版社 (2010年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413037679

人生の壁にニーチェやカントがどう応えるか哲学の実践ノートの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ところで、あの「考える人」はこれからも自分で考えているつもりでいながら延々と思い悩み続けるにちがいない。ペンと紙とキーボードも手にしていないからである。』(p61)難しい用語や言葉を使わず、なんだか哲学に関する本なのか疑わしく感じるくらい読みやすい、哲学入門のような本。考え方や見方を変化させることの重要性を伝えていると思う。だから何かすぐ役に立つわけでもない。哲学はもしかそういうもんかもしれん。

  • あまあそ

  • 白取先生の哲学書は非常にわかりやすい。
    独特の表現や話し方もあるが、私たちの日常の経験や感覚により近い部分で、哲学の思想を絡めている。見た目は厚い本ですが、文字が少ないのでパラパラと進む。

    人生は日々変えるため・変わるためにある。ニーチェの「超人」にならなくては。

  • 目覚めたときには自分が起きたとわかるだけで、そこには前もっての動機とか遺志とかはない。ただ、起きた自分を自覚するだけなのだ。
    世間ではやたらと癒しが流行しているが、癒しとは何かと問いかけた哲学を聞いたことがないように思う。
    だいたいにして、人が生きるというのは、この世界にかかわることによって生きるのだ。その関わりというのは、何か特別に深く関与することだけを意味していない。
    自己実現をする人は、まさにその事柄にかかわってきたからこそ、仕事してずっとかかわり続けることができるのだ。その真摯で実際的な姿勢のほかに、環境だのチャンスだの時代の流れだのといったことはごく瑣末なことにすぎない。
    インテリジェンスが都会から生まれるのは人との意見の交換が頻繁に行われる機会が多いから。
    宗教も信じることもなく、とにかく自力で考え方と世界観をよい方向へと変え、自分を救いたいのならば、本を読むことと人づきあいをよくすることしかないだろう。そうすれば、考え方は常に変化をとげ、性格は湯治されやすくなる。そして人間として優しくなれる。
    自分とは発した言葉と実際の行動のこと。
    昨日までの自分を常に超えていくのが超人。
    流行のビジネス所なんか読まずとも、ニーチェの言葉のたった一行からビジネスの成功のコツが掴めるものだ。

全4件中 1 - 4件を表示

白取春彦の作品

人生の壁にニーチェやカントがどう応えるか哲学の実践ノートを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生の壁にニーチェやカントがどう応えるか哲学の実践ノートを本棚に「積読」で登録しているひと

人生の壁にニーチェやカントがどう応えるか哲学の実践ノートはこんな本です

人生の壁にニーチェやカントがどう応えるか哲学の実践ノートのKindle版

ツイートする