「片づけが苦手な子」が驚くほど変わる本

  • 29人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 有賀照枝
  • 青春出版社 (2013年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413038805

「片づけが苦手な子」が驚くほど変わる本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人がADHDで片付けられない人です。

    読んでいてなるほどな~と思いました。

    「片付ける場所がわからない。」

    私の中では「テーブルの上片づけて!」=食器はシンク!ボールペンは鉛筆たて!ということですが、ハシに寄せるだけ…理解できていないのだろうとわかりました。

    なにより、物を減らすことが片付けの第一歩。
    収納用具は一番最後に買うこと。

    主人はすぐ収納用具を買うので、本書でもあるとおり、バラバラの収納用具で統一感のない違和感だらけの部屋です…。

    「片付ける場所がわからない」のであれば、シールを貼って「この色のシールが貼ってあるものは、同じ色シールが貼ってるこの箱に入れてね」という方法は「なるほど!」と思いました。

    この本を読む前に、主人のタンスの中身が肌着が上段にもあって、中段にもあって…パジャマの上下が同じタンスになくて…という状態でした。
    あれないこれないと言われてイライラしたので、半分以上捨てて(Tシャツ3枚、肌着5枚、部屋着3セット、ズボン2枚だけ残しました。冬服はヨレヨレだったので全部捨てて、そろそろ買いに行こうかな。という段階です。)タンスにテープを貼って入れるものを書かせてなおすようにいいました。
    綺麗に入ってはいませんが、以前のように、迷子になることはなくなりました。


    ステップ1、片付けのできる環境をつくる
    ステップ2、子どもと一緒に片付けをする
    ステップ3、子どもに片付けさせてみる

    「どうして片づけできないの?今すぐ片付けなさい!」
    →「片づけたら、ご飯にしましょう」

    「片づけなくっちゃダメ」「散らかさないでね」
    →「遊んだあとはお片づけしましょうね」「遊んだあとはお
    片づけしてくれるとママもうれしいな」

    「仕方がないわね、今日だけはママが片付けてあげるわ」
    →「○○したあとでもいいから片づけなさいね」「いつ片付けられる?」

    「なにこれ?要るの?こんなゴミ捨てちゃえば?」
    →「どうしてとってあるの?大切なモノなの?」

    「片付けないと全部捨てるわよ!」「もう何も買ってあげないわよ!」
    →お母さんのいらいらをぶつけない

全2件中 1 - 2件を表示

「片づけが苦手な子」が驚くほど変わる本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「片づけが苦手な子」が驚くほど変わる本を本棚に「積読」で登録しているひと

「片づけが苦手な子」が驚くほど変わる本の作品紹介

「片づけなさい!」と何度言っても、ウチの子は片づけできない!そんなイライラをためているお母さんへ。要らないモノを捨てられなくても、まずは「分ける」整理から始める簡単片づけ法を伝授。この方法なら、親も片づけ上手になって部屋中スッキリ!

「片づけが苦手な子」が驚くほど変わる本はこんな本です

ツイートする