結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

  • 1176人登録
  • 2.89評価
    • (18)
    • (45)
    • (115)
    • (57)
    • (26)
  • 115レビュー
著者 : 藤由達藏
  • 青春出版社 (2015年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413039581

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なぜ手に取ってしまったか記憶にない
    10秒でできる気分と視座の転換
    キャッチャーなんだけど無理

  • これを読んだら、ちょっとやる気があがりました。

  • 新春1冊目♪
    チームフローだったり、こんまり師匠だったり、会社員のくだりだったり…去年の私がいろいろつながっていて、私的に嬉しくてなんだか笑ってしまった本でした。

    また、行動の方法までしっかり書いてあるところが良心的な本でした!
    四次元ボックス、使える、使おう♪

  • ・「すぐやる」と決める
    ・自分をマネジメント(メンタル)
    ・自分との対話

  • 確かにためになること書いてあるけど。
    なんだかひねくれてるのか
    こういう本読むたびに思うのはなんだかこれ全部実践してたら生きにくそう・・。
    でも大事だよね。
    瞬発力ってそれは本当に思う。

  • "そうね"と思えることはいっぱい書いてあるのだが、全体として気持ちに訴えるものがなく、役には立たなさそう。

  • ◆一瞬で行動に移せるようになる方法

    →気分と視座を変えること。※視点と立場


    ・視座を変えない人は思考停止


    ◆10秒で行動する人の思考法

    ・行動してしまえば後は楽ということを知っている


    ・頭に見取り図を描いて行動している


    ・朝を大切にしている



    1 何もなかったらどんな暮らしをしたいか


    2 今日一日を終えた時にどんなことを感じたいか


    3 そんな一日の最後をむかえるため今日すべきことを書き出す


    4 スケジュール帳を取り出しもともと入っているアポと、3で確認した今日すべきことを予定に取り込む


    ◆行動する人になる10秒マインドチェンジ

    (自分を変える)


    ・10秒のマインドチェンジで不安を一旦脇に置く


    1.深呼吸してリラックス


    2.目を閉じ、目の前に頑丈な箱があると想像


    3.その箱はどんな形でも構わないが丈夫な蓋がついている


    4.ふたを開けると底なし。どんなものでも収容できる四次元ボックス


    5.今、不安に思うもの、リスクに思うものなど、チャレンジを妨げるものは箱へ。個個思い出す必要はなくすべて箱に入れたイメージ


    6.箱を閉じ、それを遠くに押しやる



    ◆10秒今ここに集中する

    ・今、ここに集中しつつ楽観的である状態

    →コーチングにおいては白紙の状態という


    ・ビジネスにおいて事業を推進していくためには楽観的な気持ちが欠かせない


    ◆朝10秒行動するだけで結果を出せるひとになる

    ・朝アウトプットする


    ・人目をはばからず書くことは自分の内面を見える化することができる


    ・ジュリア・キャメロン氏 モーニングページ

    毎朝必ず3ページ内面の言葉を毎日書き続けると自分の感情に自覚的になり表現欲求が活性化されていく、といういこと推奨


    ◆10秒で行動できる自分になる感情表現の3要素のチェンジ

    ・表現

    ・動作

    ・言葉

    ・顔の表情は感情を表情するために鍛えられている

  • 幸運の女神には前髪しかない。みたいな自己啓発本。
    主にビジネスマン向け。
    いつやるの?今でしょ。でもいい感じ。
    視座の転換について多めに書かれている。
    小さく分解して、とりあえずやってみる。
    ロードマップを作ってやる事を逆算してみる。
    マインドフルネスとか、断捨離とかも入ってる。

  • 「すぐやることが大事」というより「気分と視座は自分で選べる」というメッセージの本。
    著者は、ミャンマー人向けに上記をコンセプトとしたコーチングを行なっているらしい。

    「大きな目標に向かって進む場合、あれこれ悩む前に一歩踏み出してみよう。誰でも簡単にできそうなベイビーステップから始め、やがて魅力的なモンローウォークになり、気づけば最高のウイニングランを走っているだろう。」というフレームワークにはシビれた。

    自分は未来志向の人だと思ってましたが、実はプロセス志向(手順にこだわる、論理的に前後関係が繋がっていないと気が済まない)の人なことに、気付かされた1冊でした。

  • うじうじ迷うぐらいなら、先ずは行動しなさいというお話し。その通りですな。あとは、やりたいことに向け、行動を細分化し、とにかく行動しなさいと。

全115件中 1 - 10件を表示

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるを本棚に登録しているひと

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるの作品紹介

「すぐやることの大切さ」を無意識に感じ取っている人が多いにもかかわらず、行動力が大事とわかっていても、なかなか行動できないもの。口だけでなかなか行動できない人、考えすぎて行動にうつせない人…こんな先送り、先延ばしの自分を変えるにはどうしたらいいか?数多くの人々に行動力を高める指導をしている著者の独自のノウハウで、10秒で行動に移す方法と不安を消す方法を紹介する。

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるはこんな本です

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるのKindle版

ツイートする