結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

  • 1199人登録
  • 2.89評価
    • (18)
    • (49)
    • (118)
    • (59)
    • (28)
  • 119レビュー
著者 : 藤由達藏
  • 青春出版社 (2015年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413039581

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なぜ手に取ってしまったか記憶にない
    10秒でできる気分と視座の転換
    キャッチャーなんだけど無理

  • これを読んだら、ちょっとやる気があがりました。

  • 新春1冊目♪
    チームフローだったり、こんまり師匠だったり、会社員のくだりだったり…去年の私がいろいろつながっていて、私的に嬉しくてなんだか笑ってしまった本でした。

    また、行動の方法までしっかり書いてあるところが良心的な本でした!
    四次元ボックス、使える、使おう♪

  • ・「すぐやる」と決める
    ・自分をマネジメント(メンタル)
    ・自分との対話

  • ベストセラーになっていた一昨年、当時の同僚が、読みかけのまま1か月位カバンに入れっぱなしにしているのを見て、だからすぐやらないからと冷やかしていたのが懐かしい本ですが、図書館で予約して半年で回ってきたので読んでみた。
    内容はタイトル通り。
    すぐやるために、気分と視座を変えてみよう。失敗を恐れない。全体の見取り図を描きつつ、プロセスは分解してシンプルに。相手をうまく巻き込もう。ゴールとその先を考えよう。
    書いてあることは対して特別なことではない。実践できるかどうかだな。

  • 一番印象に残ったのは、やるべきことをできるだけ分割して、誰にでもできるレベルにすることに落とし込むことの大切さ、でしょうか。
    また、すぐにやれるかどうかはともかく、「すぐにやる」と思うことの大切さも印象に残りました。

    環境や状況は切り替えられなくても、自分の気持ちは10秒で切り替えられるわけで、そういう手法は、うまく活かしていきたいと思います。

  • 書いてある内容は共感。とにかく、最初の10秒間で行動を起こす習慣を徹底して身に付けることが大事。

    ・行動には慣性の法則が働く、つまり最初に一番力が入り、動き出してしまえば後は楽
    ・大変そうなタスクも行動を細分化してとにかくやってみる
    ・締め切りではなく、とりかかる期限を決める
    ・先延ばしのことのほとんどが、手をつければすぐに終わるもの
    ・考えるが、悩まない。結論が出たら行動。行動すると不安が消える。
    ・どうしたら成功できるか、Howを考え続ける
    ・気分は、表情、動作、言葉でコントロールできる。
    ・内発的モチベーション、つまり譲れない価値観と心躍る未来像を明確にする

  • やろうと思ったその時にすぐとりかかなければ、たいていのことは後で、というよりはやらなくなってしまう。

    この本では「10秒」がキーワードになっていて言いたいことはわかるんだけど伝え方がもったいない感じ。

    もう少し効果的に「10秒」を使えばもっと面白い本になるだろうなあ、という印象でした。

  • 確かにためになること書いてあるけど。
    なんだかひねくれてるのか
    こういう本読むたびに思うのはなんだかこれ全部実践してたら生きにくそう・・。
    でも大事だよね。
    瞬発力ってそれは本当に思う。

  • "そうね"と思えることはいっぱい書いてあるのだが、全体として気持ちに訴えるものがなく、役には立たなさそう。

全119件中 1 - 10件を表示

藤由達藏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるの作品紹介

「すぐやることの大切さ」を無意識に感じ取っている人が多いにもかかわらず、行動力が大事とわかっていても、なかなか行動できないもの。口だけでなかなか行動できない人、考えすぎて行動にうつせない人…こんな先送り、先延ばしの自分を変えるにはどうしたらいいか?数多くの人々に行動力を高める指導をしている著者の独自のノウハウで、10秒で行動に移す方法と不安を消す方法を紹介する。

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるのKindle版

ツイートする