結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

  • 1154人登録
  • 2.88評価
    • (18)
    • (42)
    • (110)
    • (57)
    • (26)
  • 112レビュー
著者 : 藤由達藏
  • 青春出版社 (2015年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413039581

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるの感想・レビュー・書評

  • なぜ手に取ってしまったか記憶にない
    10秒でできる気分と視座の転換
    キャッチャーなんだけど無理

  • これを読んだら、ちょっとやる気があがりました。

  • 新春1冊目♪
    チームフローだったり、こんまり師匠だったり、会社員のくだりだったり…去年の私がいろいろつながっていて、私的に嬉しくてなんだか笑ってしまった本でした。

    また、行動の方法までしっかり書いてあるところが良心的な本でした!
    四次元ボックス、使える、使おう♪

  • ・「すぐやる」と決める
    ・自分をマネジメント(メンタル)
    ・自分との対話

  • 幸運の女神には前髪しかない。みたいな自己啓発本。
    主にビジネスマン向け。
    いつやるの?今でしょ。でもいい感じ。
    視座の転換について多めに書かれている。
    小さく分解して、とりあえずやってみる。
    ロードマップを作ってやる事を逆算してみる。
    マインドフルネスとか、断捨離とかも入ってる。

  • 「すぐやることが大事」というより「気分と視座は自分で選べる」というメッセージの本。
    著者は、ミャンマー人向けに上記をコンセプトとしたコーチングを行なっているらしい。

    「大きな目標に向かって進む場合、あれこれ悩む前に一歩踏み出してみよう。誰でも簡単にできそうなベイビーステップから始め、やがて魅力的なモンローウォークになり、気づけば最高のウイニングランを走っているだろう。」というフレームワークにはシビれた。

    自分は未来志向の人だと思ってましたが、実はプロセス志向(手順にこだわる、論理的に前後関係が繋がっていないと気が済まない)の人なことに、気付かされた1冊でした。

  • うじうじ迷うぐらいなら、先ずは行動しなさいというお話し。その通りですな。あとは、やりたいことに向け、行動を細分化し、とにかく行動しなさいと。

  • 仕事を超える人生で大切にしたい価値観を明確にすること。

  • あまり、アタマに入ってこなくなって途中で読むのをやめました。
    すぐやる人になりたい!と思って読み始めましたが、なんか自分にしっくりきませんでした。
    でも、共感できることもたくさんありました。

  • 353
    結局は、気分と視座の転換である。先延ばしが当然となっている自分にとっては、目から鱗な事ばかり。出会って良かった本で、とても参考になりました。
    2017年ベスト2作。

  • ・10秒で行動できるかはモチベーションではなく気分次第。良い気分をキープする事が大切。
    ・気分は選択できる。表情や想像力などでもコントロールできる。
    ・視点を変える、他の人の立場になって考える

    ・能力の差より行動力の差。出来3割で五倍のスピードでしろ。
    ・朝、未来ノート、瞑想、一日の予定を考えると良い。
    ・付箋に不安を書き出して対処していく。

  • 気分のリセットと視座の転換、10秒で(説明)できる具体的メソッドが紹介されており、自分のマインドチェンジ、周囲の巻き込み・巻き込まれ、人生の目標設定までのアプローチが示されている。
    即断的な行動力が推奨されることは理解するが、それが結局すべてを手に入れるのかどうかはよく分からない。
    17-98

  • 前半はとても共感。
    実体験とも重なり納得感があった。
    後半は流して読んでしまった。

  • 先延ばし癖のある人は取りかかる時間を決める
    頭にゴールまでの見取り図をかき、モチベーションを上げる
    現在の不安は今解決すればいい
    行動の遅れが不安をふやす。
    小さな一歩(インターネットで調べるなど)を大切にする
    行動をシンプルにする
    ①具体的には?
    ②他には
    ③要はどういうことか?
    10秒間の視座の転換→自分の仕事が会社にどう役立つのか理解する
    ムダを恐れるよりもムダなんてないと開き直り、体験したことを活かす
    選択肢を持ちすぎない方がゴールに近付ける
    他人に気分を支配されない人になる

  • すぐに行動できる人とそうでない人の頭の中で何が起こっているのか。
    行動できない人は、どこが引っかかっているのか、具体的に分かりやすく書かれています。
    行動を妨げている不安を書き出したり、横に置くことで自分と切り離し行動のきっかけをつかむ方法も紹介されていて、素直に行動すれば成果が上がる本です。

    問題は、行動できない人が、ここに書かれていることに共感してすぐに行動に移すことができるかどうかでしょうが。。。

  • チャンスを掴む為には即断即決が必要
    なかなかそうはいかないな

  • 【実戦内容】
    ・問題には必ず結論をだす
    ・8時出社して朝食を食べる
    ・月終わりにデスクとPCを掃除する

    【要約】
    10秒間で行動できる人は全てを手に入れることができる。どのようにしてすぐに行動できるようになるかが書かれた本

    【感想】
    知ってる内容のオンパレード。面白くない

  • タイトル通り
    まずは行動してやってみる
    最初の一歩が大事

  • 気分のリセット
    感情表現の三要素、つまりは表情、動作、言葉を調整して気分を取り戻す。

  • 身の回りの環境を整えるだけで、気分は変化する
    「全体を俯瞰する」をできるようになると、その「仕事」の存在意義を理解できる
    今できることは「小さなことだけ」だから、今のこの一瞬一瞬に集中
    不安を感じたらすぐに、向き合って、何をしたらいいか見つけ出し行動することで、どんどん不安を解消していく
    選ぶのは自分
    他人が、陰湿で後ろ向きは陰口をたたいていたとしても、受け流して、あなたはあなたのありたい気分をキープする。影響を受けたとしても、そのたびに気分をリセットして、自分の味わいたい気分を取り戻す。

  • 気分と視座の転換という言葉は参考になったが、本の中身は面白みのないものだった

  • 「やる気」を出すかどうかは自分次第,ゴールに近づく思考と行動のコツをマインドにフォーカスしたハウツウが紹介されています。不安にとらわれて行動できない人,面倒くさくてつい先送りにする人,口先だけでなかなか行動できない人は読む価値ありです。

  • バラバラの知識が詰め込まれていて、何のことだか分かりにくい。行動する前に細分化するのは、39度の熱があってもできるくらいまで、と言う切り口が面白かった。

全112件中 1 - 25件を表示

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるを本棚に登録しているひと

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるの作品紹介

「すぐやることの大切さ」を無意識に感じ取っている人が多いにもかかわらず、行動力が大事とわかっていても、なかなか行動できないもの。口だけでなかなか行動できない人、考えすぎて行動にうつせない人…こんな先送り、先延ばしの自分を変えるにはどうしたらいいか?数多くの人々に行動力を高める指導をしている著者の独自のノウハウで、10秒で行動に移す方法と不安を消す方法を紹介する。

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるはこんな本です

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるのKindle版

ツイートする