「におい」と「香り」の正体 (プレイブックスインテリジェンス)

  • 42人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (3)
    • (12)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 外崎肇一
  • 青春出版社 (2004年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413040938

「におい」と「香り」の正体 (プレイブックスインテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「におい」というあまり取り上げられないテーマについて研究者が書いた本ということで期待して読む。読後感は? うーん、科学的な紹介からエッセイまで、悪く言えば散漫。これは研究者である筆者をサポートする編集側に問題があるような気がする。「におい」は他の分野に比べて、実験がやりにくく(においが部屋に残って次の実験まで時間がかかる、動物実験が難しい、主観的な快不快と科学的因果律との分析の難しさなどなど)、まだまだ未解明なものが多いというのが現状のようだ。この科学の現状であれば「香り」について美学的視点から観た論考のほうが面白そう。科学雑誌ニュートンに匂いと味覚についての特集があるので、さっと読んでみたい。

  • 所在: 展示架
    請求記号: 491.376||To63
    資料ID: 11102018

  • においと香りの不思議が満載。

全3件中 1 - 3件を表示

外崎肇一の作品

「におい」と「香り」の正体 (プレイブックスインテリジェンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「におい」と「香り」の正体 (プレイブックスインテリジェンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「におい」と「香り」の正体 (プレイブックスインテリジェンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「におい」と「香り」の正体 (プレイブックスインテリジェンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

「におい」と「香り」の正体 (プレイブックスインテリジェンス)の作品紹介

なぜ、「オヤジ臭い」のか。どうして、酒はいい香りなのか。「におい」博士が解き明かす不思議な世界。

「におい」と「香り」の正体 (プレイブックスインテリジェンス)はこんな本です

ツイートする