危うい世界を生き抜く言葉 (プレイブックス・インテリジェンス)

  • 17人登録
  • 2.57評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 開高健
  • 青春出版社 (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413040969

危うい世界を生き抜く言葉 (プレイブックス・インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 饒舌かつ至言な開高健の諫言集。

    しかし、語られなかった。いやこの青春出版社刊ならではな書面作りで取り上げなかった言葉が気になる。

    暗い、書けない、暗澹な、悪夢のような彼の持ち味も滋味である。

  • [ 内容 ]
    「明日、世界が滅びるとしても、今日、あなたはリンゴの木を植える」開高健は知っていた、わたしたちが迷って行き場をなくすことを…。

    [ 目次 ]
    第1章 生きる
    第2章 争い
    第3章 この国の人々
    第4章 自然のなかで

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 開高氏が紡ぎだした数々の名言を各書からひっぱりだして羅列してる。短いのから長いのまで沢山あるがインパクトがあるやつをご紹介しましょう。「若いということは病んでいるということだ。」開高氏自身は一生かかって自分という存在と闘い続けた人なんだけど。若さの特権っていろいろあると思うんだけどある時期から悩んでいても仕方なくなる時期がくる。その地点から振り返るとやっぱり名言に思えてくる。懐かしさなのかな。昨日夕刊を見ていたら谷川俊太郎の「建前」っていう詩の記事を見つけてたいへん感銘を受けたんだがその下の欄に谷川さんへの悩み相談は20歳まで。って投稿制限があって。20歳までカヨって。思わずツッコんだ。なんか象徴的だった。20歳前後までってだいたいほとんど悩みっぱなしだと思う。まれに悩まない人もいるけどそういう人はたいていあとで後悔するような年齢になってその時期を迎える。若いということは病んでいるということだ。これって。ある意味健康だとボクは思う。

全3件中 1 - 3件を表示

開高健の作品

危うい世界を生き抜く言葉 (プレイブックス・インテリジェンス)を本棚に登録しているひと

危うい世界を生き抜く言葉 (プレイブックス・インテリジェンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

危うい世界を生き抜く言葉 (プレイブックス・インテリジェンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

危うい世界を生き抜く言葉 (プレイブックス・インテリジェンス)はこんな本です

ツイートする