江戸の盗賊―知られざる“闇の記録”に迫る (プレイブックス・インテリジェンス)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 丹野顕
  • 青春出版社 (2005年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413041188

江戸の盗賊―知られざる“闇の記録”に迫る (プレイブックス・インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸の数多くある犯罪の中で「盗賊」という窃盗犯を書いた本。
    有名な石川五右衛門や鼠小僧を始め個性的な泥棒達。対して捕まえて裁く側の長谷川平蔵や新井白石、奉行所の面々。両者の事がバランス良く書かれていて分かりやすく面白かった。
    関東の盗賊のルーツや江戸城に入り込んだ泥棒など、へーと思うような事が書かれていて興味深い。さらに橋や門に付いている鉄を盗む「金属泥棒」など、現代にもいそうな窃盗犯。
    石川五右衛門の辞世「石川や 浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ」にため息をついた。いつの世も窃盗は無くなりませんなあ…。

  • おわりに を読んで、盗賊→義賊になることについて。
    庶民になじんでいた。人に危害は加えない。歌舞伎などにより美化された。(浮世絵も)。
    副題の「闇の記録」のとおり、資料をちゃんと掲示しているところはすごい。また、史実のみでは、堅くなりそうなところを、当時の風俗や噂なども絡めることで、面白い読み物になっている。
    牢門と拷問と区別があった!有名な盗賊は一族であった!!

  • [ 内容 ]
    鼠小僧次郎吉の素顔、火盗改・長谷川平蔵の御仕置伺い、そして「拷問」の数々…江戸の犯罪と警察機構を読み解く。

    [ 目次 ]
    第1章 盗賊の「戦国」から「江戸」へ
    第2章 日本左衛門東海道を制す
    第3章 火付盗賊改長谷川平蔵
    第4章 江戸の路上強盗
    第5章 鼠小僧次郎吉の挑戦
    第6章 木鼠吉五郎の孤独な闘い
    第7章 ねらわれた御金蔵

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 江戸時代にはお奉行さんと言えば
    南北町奉行・寺社奉行・勘定奉行・遠国奉行
    これらのお奉行さんが裁いた盗賊たちの話と
    お奉行さん・・・
    ためになります

全4件中 1 - 4件を表示

丹野顕の作品

江戸の盗賊―知られざる“闇の記録”に迫る (プレイブックス・インテリジェンス)を本棚に登録しているひと

江戸の盗賊―知られざる“闇の記録”に迫る (プレイブックス・インテリジェンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

江戸の盗賊―知られざる“闇の記録”に迫る (プレイブックス・インテリジェンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする