ネイティブの子供を手本にすると 英語はすぐ喋れる (青春新書インテリジェンスシリーズ)

  • 63人登録
  • 2.47評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (5)
    • (2)
  • 7レビュー
著者 : 晴山陽一
  • 青春出版社 (2006年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413041584

ネイティブの子供を手本にすると 英語はすぐ喋れる (青春新書インテリジェンスシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ネイティブの子供の4歳レベルの語彙を使用して英語を話せるようになろうという本。
    簡単な語彙を使用した日常使える表現が載っているので参考になるが、だからと言ってそんなに簡単にしゃべれるようになる訳ではない(笑)

  • 辞書的な使い方になるのかも

  • 最近米国出張をしたのですが、付け焼き刃というか、アメリカに向う飛行機の中で読んだ本です。以前から購入して積んでいた本ですが、やはりこの種の本は「切羽詰った」状態になると読む気になります。

    この本では、ネイティブが言葉を発してから10段階のステップを踏んで発達すると説明しています。英語としては10歳で完成しているので、ネイティブでない日本人の目指すのは”4最レベル(p22)”のようです。私もそのレベルを目指して、この本で解説されているように簡単な単語を使っていきたいと思いました。

    以下は参考になった英語表現です。

    ・I'll accept your offer:お言葉に甘えます
    ・I'd like a table for three at eight:8時に3人分の席を予約したいのですが
    ・Can I leave a message?:伝言をお願いできますか

    ・Which Kimuura do you want to talk to?:どちらの木村におかけでしょうか(電話)
    ・When is it convenient for you?:いつが都合いいですか
    ・You can count on me:お任せください

    ・Be sure to include a breakdown:必ず明細をつけてください
    ・Please be my guest:私にご馳走させてください
    ・Let's dispense with formalities:改まったあいさつは抜きにしましょう

    ・Could I have one of your cards?:お名刺いただけますか
    ・I'm counting on you:当てにしているよ
    ・You shouldn't have said that:あんなこと言わなければよかったのに

    ・I'm afraidをつけると、「あいにく、残念ながら」と相手に対する気遣いが生まれる
    ・I'm on your side:いつでもお力になります
    ・I have such a short memory:度忘れしました

    ・I'll have him call you back:彼に折り返し電話させます
    ・I've heard a lot aobut you:お噂はかねがね伺っています
    ・It's just as you say:ごもっともです
    ・It's too good to be true:話がうますぎる

  • ノウハウ本かと思ったら英語表現の辞書本系と分かり途中で読むのをやめました。

  • タイトルがよかったので、図書館で借りて読みました。
    中身は期待以下でした。
    ところどころ参考になる面白いところはありましたが、
    英語のお勉強的な内容が多くて、読むのがしんどかった
    です。

    この本について、アメブロに書いています。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/entry-10760434990.html

  • ネイティブの母国語の獲得の過程をたどっていくと、我々の英語学習のヒントをたくさん得ることができる。本書は、このネイティブの子どもが英語を話せるようになる順番で、英語を学ぶとどうなるかを実践する。

  • 勢いで購入も、未読。

全7件中 1 - 7件を表示

晴山陽一の作品

ネイティブの子供を手本にすると 英語はすぐ喋れる (青春新書インテリジェンスシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ネイティブの子供を手本にすると 英語はすぐ喋れる (青春新書インテリジェンスシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ネイティブの子供を手本にすると 英語はすぐ喋れる (青春新書インテリジェンスシリーズ)はこんな本です

ネイティブの子供を手本にすると 英語はすぐ喋れる (青春新書インテリジェンスシリーズ)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする