日本サッカー 世界で勝つための戦術論 (青春新書INTELLIGENCE)

  • 84人登録
  • 3.08評価
    • (2)
    • (5)
    • (11)
    • (5)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 西部謙司
  • 青春出版社 (2009年11月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413042550

日本サッカー 世界で勝つための戦術論 (青春新書INTELLIGENCE)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 個人的にはサッカー評論家の杉山氏より、戦術がメインの西部氏の方が文章が丁寧で好きなのだが、西部氏の記述の問題は過去の試合分析についてはすぐれているが、今後の未来への提言はやや苦手だと思う。

    今回の本は、西部氏にとっては未来志向が強い本なので、若干読み応えが薄く感じ、今までの著作で読んだことのある内容の繰り返しが多かった。

    戦術的にはあまり大きな提言はなく、当たり前のことを当たり前に書いてある印象がある。逆に言えば、初心者にはよく整理されているのではないかと思う。

  • 読んで字のごとく戦術の本であったが、それ以外のファクターのがW杯で勝つためには必要なんでないかと思わされる1冊。

    ちょーど香港戦がつまんないからそのトキ一気に読んでたんだけど西部サンの言ってるコトが正にピッチ上で展開されていた。まず腹が立ったのがくだらないタイトルつけてデカデカと題うって東アジア選手権を放映したフジ。スタメン発表を画面に並べるが、位置がバラバラ。MFは5人で

    大久保  遠藤  憲剛
       今野 小笠原

    遠藤がトップ下!?
    …しかし1度はワクワクしたものの結局遠藤はボランチで大久保は2トップの一角。【4-2-3-1】にこだわるのは岡ちゃんじゃなくメディアの方だ。確かに大久保は中盤でも起用されるが、玉田の1トップって心もとないし、真の1トップの働きを期待しているなら平山がやるべきだ。

    なーんてサッカーが楽しく見れる1冊。
    今の代表戦見てもぜんっぜん楽しくないけどね。

  • [ 内容 ]
    「4‐2‐3‐1」?
    「4‐4‐2」?
    それとも…戦術論の第一人者が語る、日本代表の現在地と未来地図。

    [ 目次 ]
    第1章 サッカー日本代表の現在地点(「アジア以上の世界未満」という現実;決定力不足の正体 ほか)
    第2章 日本に足りない“戦術力”(そもそも戦術とは何か?;“最新の戦術=最高の戦術”ではない ほか)
    第3章 W杯本番を勝ち抜くための戦略(戦術以上に大事な「組み合わせ」;日本が想定しなければならない3つの戦い方 ほか)
    第4章 日本代表に本当に必要な人材とは(中村俊輔は“代えのきかない選手”ではない;中村憲剛を生かす「ケンゴ・システム」 ほか)
    第5章 “日本サッカー世界一”への未来地図(野球が日本のナンバーワンスポーツという現実;その国のリーグが強くても代表が強くならない理由 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 20100728読了

  • うーん。

  • 特に新しい主張は無い。基礎知識を知らない人には最適な本。

  • サッカーの戦術について、日本代表を中心とした視点でまとめられた本。日本代表の現状、戦闘力、ワールドカップでの戦い方、必要な人材、チーム力を上げるための方向性について書かれています。「日本代表のFWは決定力不足である」と言われますが、その理由についても冒頭で書かれており、納得できました。本書を読むと、サッカーの試合の見方が変わりそうです。(2010.1.14)

  • これまた戦術論に定評のある西部さんの新書。

    アジア予選での日本代表を分析し、そして戦術とは何かを日本代表を例にして解説してくれる。

    現在の日本代表を冷静に分析したいならおすすめの一冊。

  • サッカーが好きなのでとても楽しめた。

  • 戦術論の第一人者であるサッカージャーナリスト西部謙司が
    日本サッカーの今を戦術と戦略から説き、世界一になるための
    提言を行う。

    サッカー見るために帰国したので、サッカーのうんちく本
    だったので、やっぱり読んでおかないといけないなと
    いうことで、すぐに読み終えました。

    この本は、ある意味今すぐ読むべき本です。
    というのも、現時点の日本代表について書いてあるので、
    南アフリカワールドカップ後に読んだって、もう今更って
    話になるわけです。闘莉王をFWで使えって言ってみたり、
    ボランチの一角には稲本だって言ってみても。
    この前の南ア戦で稲本のワンボランチを試したけど、
    岡ちゃんも西部さんの意見を聞いたのかなと思ったくらい。

    本大会の組み合わせについての妄想も書いてあるので、
    やっぱり旬は組み合わせ抽選の12月4日までですね。

    ということもあり、まるで月刊誌程度の寿命ですね。
    この本。まあ、中身もスポーツ雑誌のコラムに
    毛の生えた程度の新書ですけどね。
    サッカー観戦前のちょっとした時間つぶしに
    最適の本です。

    http://teddy.blog.so-net.ne.jp/2009-11-26

全14件中 1 - 10件を表示

西部謙司の作品

日本サッカー 世界で勝つための戦術論 (青春新書INTELLIGENCE)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本サッカー 世界で勝つための戦術論 (青春新書INTELLIGENCE)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本サッカー 世界で勝つための戦術論 (青春新書INTELLIGENCE)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本サッカー 世界で勝つための戦術論 (青春新書INTELLIGENCE)はこんな本です

ツイートする