図説 神々との心の交流をたどる! 神道 (青春新書)

  • 33人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 武光誠
  • 青春出版社 (2009年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413042604

図説 神々との心の交流をたどる! 神道 (青春新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これもまた、入門書なんでしょう。
    広く、神道について、書かれた書物です。

    なので、詳細な部分は割愛されているところが多いです。

    例えば、神話に関する系譜の書かれ方が散乱していたり。
    要所要所、使うところだけ記載されている、といった感じです。

    神道について、ちょっと知識を蓄えたい、と思う方にはちょうどよいものかと思います。私にもちょうどよかったです。

  •  日本の神道を解りやすく解説します。

     なぜ二礼二手一拝なのか、玉串の意味、など「日本人として押えておきたい常識」の類の情報も入っています。この本を買って良かったと思ったのは、日本の神道がどのように民衆と関わってきたのかを簡単にレビューしてある部分です。
     発端は土地の産土神・氏神を信仰することから始まり、江戸時代に居住地を離れる人々が増えたところで商売繁盛など違うタイプの神社が支持されるようになったこと、明治以降、それまで人社の持っていた、教育・研究機能がそれぞれ義務教育と西欧文化の移入により代替されたことでより開かれた「神社」として生き残りを図った、などなるほど、とうなずける部分がいっぱいありました。
     雷神が自然現象であることが明らかになるなど、「神」の存在が薄くなりがちですが、これから神道はどこへ行くのか、という問いに対しては、「ケガレ」は人間の脳の中にある、ということになるのではないか、と述べます。

全4件中 1 - 4件を表示

武光誠の作品

図説 神々との心の交流をたどる! 神道 (青春新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

図説 神々との心の交流をたどる! 神道 (青春新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図説 神々との心の交流をたどる! 神道 (青春新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

図説 神々との心の交流をたどる! 神道 (青春新書)の作品紹介

初詣で、厄年、厄除け、厄落とし、御利益、開運、合格祈願、なるほど、そういう謂われがあったのか。

図説 神々との心の交流をたどる! 神道 (青春新書)はこんな本です

ツイートする