バカに見える日本語 (青春新書インテリジェンス)

  • 157人登録
  • 2.95評価
    • (2)
    • (8)
    • (20)
    • (6)
    • (4)
  • 20レビュー
著者 : 樋口裕一
  • 青春出版社 (2012年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413043540

バカに見える日本語 (青春新書インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ロフト行き

  • 読了。

  • 仕事で使うと、バカというか仕事ができなさそうに見える日本語のまとめ本。
    言葉自体は変化していくものだから、一概にこの言葉はダメというのはないのだろうけど、やはり仕事言葉でない言葉を多用するのはビジネスマンといてはNGだろう。
    後は、自分と相手の立場の違いや、相手の気持ち、立場、価値観、知識量などに配慮せず、自分中心に思われがちな言葉を使うのも、仕事において信頼を得にくくなるだろう。
    言われてみれば当たり前のことばかりだが、意外にハッとさせられる。
    特定の言葉の良し悪しではなく、聞く人に配慮した話し方を心がけようと思う。

  • バカな話し方してるな、俺。
    決めつけ言葉だったり、安易な言葉だったり…。自分の言葉使いを見直すきっかけになりました。

  • 著者が気になる言葉とその理由を書いた本。
    時代の流れで日本語が変化しているのではないかと思うところがありましたがそこそこ良い本です。

  • 友達同士で交わされる言葉はとそれが通用しない場があるという事を知らない人が増えているような気がする。
    そういう自分も、ついバカみたいな言葉を使っていることが多いのかもしれない。

  • 図書館で借りる。挙げられている言葉はどれも日常的に使われている言葉ではあるが、確かにしゃべっている人が「バカっぽい」と思われる言葉ばかりだった。よく考えてしゃべろうと改めて思ったが、一識者の考えである事も忘れないようにしたい。

  • 新聞で見て読んだ。目上の人に 応援したていますはあり…なのか?著者の偏見も多い印象。

  • わかっている人にとってはそれほど目新しさのない本。

    バカに見える言葉としてピックアップされたのは、若者言葉(といわれるもの)の多く。友達内ならいいが、問題は、それをオフィシャルなシーンで使うと、バカに見えるだけじゃなく、会社や組織で評価を信用や評価を得られなくなる、ということ。
    それは若者言葉に限らず、間違った敬語や、いいわけめいた慣用句などがそうであろう。
    要はちゃんと使い分けができればいいだけのこと。

    ちょっと気になったのは、言葉の使い方というより、その言葉にこめられた思想を問題にすべきでは?という言い回しまで「バカに見える」と採り上げているところ。

    「日本人の心のふるさと」
    「だから日本人はだめなんだ」
    「地球環境のために」

    こういうフレーズを筆者は陳腐だというが、このフレーズそのものではなく、前後の文脈やシチューエションで意図するところも、受け止め方も変わるわけで、これらも含めるのはどうかと思う。

    中身的には、これから就職活動をする学生さん、どうぞ、というレベルの本。

  • チラ見したら「私ってば馬鹿に見える言葉連発!」と言うことがわかり早速ちゃんと読むことに。
    内容的には著者の自己反省と妻の愚痴に、プラスアルファ的な言葉遣いの解説が入っている感じでお気軽な読み物です。

    世間で一定の定評を得ている物事について「どこがいいのか全然わからない」みたいなことを個人的見解で断言してはいけないと、ある項目で書いているのに別の項目で「故郷と言う曲は湿っぽくてべたっとしててどこがいいのかわからない」みたいなことを書いていて、自己矛盾しているところが笑えた。

    教養、というより突っ込みながら楽しく読む読み物としての一冊だと思います。

全20件中 1 - 10件を表示

樋口裕一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
齋藤 智裕
佐々木 圭一
湊 かなえ
桜木 紫乃
高野 和明
三浦 しをん
夏川 草介
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

バカに見える日本語 (青春新書インテリジェンス)に関連する談話室の質問

バカに見える日本語 (青春新書インテリジェンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バカに見える日本語 (青春新書インテリジェンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バカに見える日本語 (青春新書インテリジェンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

バカに見える日本語 (青春新書インテリジェンス)はこんな本です

ツイートする