図説 あらすじでわかる! 今昔物語集と日本の神と仏 (青春新書インテリジェンス)

  • 18人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 小峯 和明 
  • 青春出版社 (2012年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413043564

図説 あらすじでわかる! 今昔物語集と日本の神と仏 (青春新書インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • graph

  • 仏教の始まりから日本へ伝わった後までの説話を天竺、震旦、本朝の三部で構成した今昔物語。
    角川ソフィア文庫の校注本を読み始めたところ大苦戦してしまい、これは入門から読んだ方がいいと思って選んだ本です。が、物語の解説や読解ガイドというよりは仏教の歴史、解説に重きが置かれていて、このことは○巻の○話で説話になっていますよ、というような触れ方で物語の一部が紹介されてます。
    物語の基になる仏教の初歩を知るための本といっていいかと思います。記述はとても平易で図も多いので理解しやすいです。
    自分の場合、ちょっと意図とずれてしまってましたが。

  • 今昔物語集は仕事で扱うことが多い説話集。学生のように勉強だ!と思って読むとつまらないが、芥川も創作の源泉としたように、天竺から伝わる仏教伝来の話や、魑魅魍魎が跋扈する偉業のものの話など、それらが現れる背景を知ると、気軽に楽しめるようだ。世間話のネタにもできるかな?なんてね。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

図説 あらすじでわかる! 今昔物語集と日本の神と仏 (青春新書インテリジェンス)を本棚に登録しているひと

図説 あらすじでわかる! 今昔物語集と日本の神と仏 (青春新書インテリジェンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図説 あらすじでわかる! 今昔物語集と日本の神と仏 (青春新書インテリジェンス)はこんな本です

ツイートする