血管を「ゆるめる」と病気にならない (青春新書インテリジェンス)

  • 24人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 根来秀行
  • 青春出版社 (2014年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413044240

血管を「ゆるめる」と病気にならない (青春新書インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 根来秀行 著「血管をゆるめると病気にならない」、2014.5発行です。緊張やストレスに対応する闘争と逃走の神経、交感神経でなく、リラックスと睡眠時、休憩と食事の神経である副交感神経を高めると、毛細血管がひらき(ゆるみ)、酸素・栄養・ホルモンが体の隅々まで届き、体の修復・再生がうまく機能するということが書かれています。また、60代では毛細血管は筋肉の減少で4割位減少するそうですが、その一方で筋肉を増やせば、毛細血管も増えるとのことです。筋トレとウォーキングで効果倍増だそうです!つま先立ちもとても有効と!

全1件中 1 - 1件を表示

根来秀行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

血管を「ゆるめる」と病気にならない (青春新書インテリジェンス)の作品紹介

血管の病気と聞くと、太い血管を「詰まらせない」「切らせない」ことに意識が向きがちだが、同時に毛細血管の健康を保つことも欠かせない。なぜなら毛細血管は血管の9割を占めている、まさに血液循環の主役ともいえるからだ。本書では、ハーバード大学での最新研究をもとに、毛細血管を「ゆるめる」ことで血管を若返らせ、病気にならない方法を解説する。

血管を「ゆるめる」と病気にならない (青春新書インテリジェンス)はこんな本です

ツイートする