できるリーダーはなぜメールが短いのか (青春新書インテリジェンス)

  • 50人登録
  • 3.81評価
    • (3)
    • (7)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 安藤哲也
  • 青春出版社 (2015年3月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413044479

できるリーダーはなぜメールが短いのか (青春新書インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【ザッと内容】
    所謂、ワークライフバランスをしていくにあたって参考にすべき手技的な話と、子どもを持った会社員に対するマネジメント術が書かれた一冊。メールの話は全体の1/4以下だった印象。

    【こんな人にオススメ】
    ・時短術について興味ある人。(メンタリティに興味ある人はオススメ市内に)
    ・部下を持つ人

    【感想】
    会社のすすめで読んだ一冊。個人的に小手先の工夫的な内容の本はあまり好きではないが、比較的読みやすく、いくつか考え方も含めて参考になるものもあった。
    特に初めて一緒に仕事をする会社で見るべき点、ワークライフバランスの二項対立的な考え方について、イクボスとダメボスの言葉のかけ方の具体例はいくつか「あ!やってしまってる!」と思えるものがあった。著者の安藤さんの講演も近々聞いてみたいと興味が湧いた。

    ・実態とのギャップについて
    問題は会社でオススメ本としながら、我が社でも長時間労働の習慣や考え方がかなり色濃く残っているところ。この建前や宣言と実態のギャップを抱える会社は多いと思う。そのギャップにメスを入れていくための仕組みや改革についても学んでいく必要があると改めて感じた。それこそトップダウンで進めていかなればならず、自社でも管理職向けに金をかけて散々研修はしているが、、、、2,30年かけてこびり付いた考え方は中々変えられない。

  • メールは3行で収める。1.メールを書く作業が短くなる 2.すぐに返信できるようになり相手を待たせない、それ以上長くなるようだったら電話・会って話せばよい。そうすれば仕事のスピードが早くなるというもの。
    題名を見るとメール術のように見えるがあくまでメール術は一例で、A.スピード重視の仕事テクニックを著述。ゴール設定は目的・時間二つの軸で設ける B.企画書は紙1枚 説明1分でまとめる など。仕事がトロいなと自分で思っている人には参考になる。自戒。

  • タイトルはキャッチコピーである。ほとんどが残業論という感じ。が、言いたいのは(なんでもそうだが)、仕事の効率論。
    人手を取るリスクを取らない企業が残業を黙認、その中でいかに自分を作り出すか、そういう観点からこの本を読み取ればいいのではないだろうか。自分の能力の不足を残業でカバーしている限り、本当の能力向上は果たせないのではなかろうか?自己反省でもある。

  • 2015.9.30

  • 知らないうちに相手の時間を取っていませんか。
    間違って伝わらないように…が
    長文メールになることがよくあります。
    しかし、よーく考えると
    「なんでメールが長くなるんだろう?」と思うこともあります。
    その根底にある考えを掘り下げてくれる本です。

    タイトルの通り、「できる人はメールが短い!」
    では、それはなぜか?をわかりやすく紹介しています。
    例えば・・・
    =========================
    優秀な人は、時間当たりの生産性を強く意識している。

    始業時間は死守するのに、終業時間に無頓着なのは・・・(p48)
    ゴールの感覚、スポーツの試合に臨む選手のイメージ
    (以上、本文より)
    ========================

    確かにこういう場面ではできているのに、
    つい、”仕事”になるとできない。
    それはもしかしたら、
    その仕事について、深ーく理解していないからかもしれません。
    わかるからこそ、簡潔になる。
    仕事のクオリティをより上げていこう!という気持ちになります。

    仕事も自分のオリジナリティを発揮するとより面白くなる。
    退屈な仕事ほど、工夫次第でより面白くなる・・・。

    仕事に対する新しい一面を見ることがきっとできる本です。
    興味のある方はぜひ!

  • 働き方の本を初めて読んだ。
    そっかぁ、できる人はこんな感じなんだな。
    文章が読みやすい。感覚的に合う人だった。
    予定調和ではなく、ロックを求めて、面白く働く。

    ・予定は70%ぐらいうまっていればいい。
    仮に1日8時間働くとしたら、5~6時間分の仕事を入れる。
    ・1ヶ月見開きで予定をたてる。
    ・仕事は1週間のなかで調整。
    ・いつ始めてもいいが、終わりの時間が厳守する。
    ・段取りをよくするには、全体像を把握すること。

  • 「迷った時の判断基準は『ロック』かどうか」に激しく共感(笑)。自分の場合、ブルーズでもジャズでもラテンでもいいんだけど。。。

  • イクメンではなく,イクボスを語った書です.なるほど,とても参考になりました.

  • 相手の時間を奪わないように配慮し、肝要なポイントをおさえてメッセージを発する結果、メールは短いことが良いという主張は納得です。仕事外の重視の点は、いつものように部分的に賛成。

  • いろんな時短、定時で帰るっていう本を読んでみましたが、一番腑に落ちた感じがします。

全11件中 1 - 10件を表示

安藤哲也の作品

できるリーダーはなぜメールが短いのか (青春新書インテリジェンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

できるリーダーはなぜメールが短いのか (青春新書インテリジェンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

できるリーダーはなぜメールが短いのか (青春新書インテリジェンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

できるリーダーはなぜメールが短いのか (青春新書インテリジェンス)の作品紹介

メールが長いヤツに仕事のできる人はいない──日々のメールから仕事のダンドリ、交渉、部下への任せ方まで、残業せずに成果を上げているリーダーは「何をして」「何をしない」のか! 数多くのビジネスパーソン・経営者・知事・官僚…と仕事をしてきた著者だからこそわかる、人生も仕事も充実する仕事術を初公開!

できるリーダーはなぜメールが短いのか (青春新書インテリジェンス)はこんな本です

ツイートする