撤退戦の研究 (青春新書インテリジェンス)

  • 87人登録
  • 2.72評価
    • (1)
    • (4)
    • (6)
    • (3)
    • (4)
  • 11レビュー
  • 青春出版社 (2015年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413044608

撤退戦の研究 (青春新書インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦後70周年、映画「日本のいちばん長い日」が公開された頃に平積みになっていたのを手にしてそのまま積読。歴史から失敗を学ばないといけないんだよなと思い、読了。
    昭和史の大家の半藤一利と経済評論家でもある江坂彰の対話の形式なっていて、撤退を知らない日本軍がいかにして負けたかの振り返りの話とそれを今の企業経営に置き換えての話が続いていく。
    肝に銘じないといけないのは、撤退戦は次に勝つために不可欠な戦略ということ。

  • 太平洋戦争での指揮官の戦いぶりを対談形式で。

    なかには優秀な指揮官もいたけど適材適所に配置されず、活かせなかったんだ。平時と戦時の切り替えができていれば、って思うけど、時代背景から無理だったんだろうな。

    太平洋戦争の頃から、すでにトップは責任を取らない体質になってて、悪いことを今でも引き継いでるんだな。

    ミッドウェーの敗因として指摘された、
    ・戦力分散
    ・コミュニケーション不足
    ・成功体験の復讐(成功体験に寄りかかる
    ※アメリカは失敗から学ぶ)
    は今も変わらない。

    情報を正しく読み解く心得として、
    ・成功体験を捨てる
    ・先入観を持たない
    ・判断するときは2つ以上の違った意見を参考にする
    ・情報が100パーセント完全に集まることを期待しない
    もすごく重要なこと。個人的には先入観をいかに持たないようにできるか、がいちばん難しいかな。

    ”判断力や知識、教養といったものは勉強すればある程度身につきます。しかし、決断力は勉強だけでは養えません。判断力と決断力のあいだには、命がけの飛躍があります。”
    決断力を養うには経験しかないよな。

    ”大本営発表は自国民は騙せても、戦争相手は騙せない”って、戦争相手を外国に置き換えると今のマスコミやってるんじゃないかな。

  • 名著「失敗の本質」に比べるとかなり見劣りする。まあ、歴史は繰り返すの言葉通り、所詮、日本人の行動は昔も今も大差ない。今の安倍政権の政治のやり方も、大戦前の日本の状況と大差ないと思った。

  • 感想未記入

  • タイトルが面白そうだったのでつい買ってしまった。
    ・撤退戦についてあんまり研究していない。どちらかと言うと、お祖父さん二人の床屋政談めいた対談集でした。
    ・半藤一利が、山本五十六の乗機をP-51が撃墜したと適当なことを言っていて萎えてしまった。

    ガンダム好きが「マチルダさんがゲルググに撃墜されるシーンは泣けた」
    とか
    戦国好きが「長篠の戦いは信玄の作戦ミス」
    というようなもので、鼎の軽重が問われる発言でした。もちろん、出版社も気づいてくれという感じです。

    山本五十六が聞き分けよく決まり事に黙って従ってしまうのが良くない。アレだけの立番なら、Noを言うのも仕事の内、というのはなるほどねという感じ。
    とはいえ、ひどく浅い切り取り方しかしていないので読む価値は無いと思いました。

  • 2015.12.19
    成功の復讐。そう、成功体験に囚われるなということ。太平洋戦争に突入したのは、日露戦争の勝利、成功体験が一人歩きしてしまっため。

    また、江坂氏の企業経営からの視点も示唆に富んでいた。人事政策は、年功序列を改めて、能力主義にせよと。今は、所謂混沌期で、戦時体制を敷きなさいと。

    日本は無謀な戦争を仕掛けたが、現代日本もアメリカにたてつこうなんてやめた方がいいと筆者。美しい成長とは何か?一億層活躍なのか?
    国家目標は定量化できるのか?

  • 撤退戦の研究というよりは、撤退できなかった昭和の日本軍の批判を様々な角度からしている内容となっています。

    結果的に、本のタイトルの「撤退戦」を学ぶには、あまりに浅薄な内容です。

    「撤退戦」の研究目的で買う必要はないでしょう。日本軍の失態を知りたければ買う価値は多少はあると思います。

  • 『日本人は、なぜ同じ失敗を繰り返すのか 撤退戦の研究』 (知恵の森文庫)光文社の加筆修正版。
    2000年に発刊。

  • あまり参考にならなかった

  • ミッドウェー この時の戦力は日本の方が上
    ミッドウェーの教訓 ここというときの抜擢人事、リーダーにはタイミングと運が必要、戦争には呵責なき徹底生が必要、両面作戦の戒め
    成功したければ過去の成功体験を捨てる
    大山巌 奉天会戦で勝利が確定しかけていた時、「いまならロシアが応じるとおおうので、ただちに和平の交渉を開始してほしい」と政府に電報を送っている
    ラ・ロシュフーコー 人の偉さには旬がある
    偉さの旬を過ぎた人間がトップに座り続ける弊害が、老害です。
    ノモンハン 38式歩兵銃 日露戦争のとき大量の弾丸をつくった。それが残っていたので更新せず
    飛行機のエンジン 須式(スペリー)、昆式(ピッカース)、保式(ホチキス)、寿式(ジュピター)、光式(ライト)、恵式(エリコン) 外国の技術のライセンスだった

    ポスト工業化社会の現代は、知識情報化社会 情報を読み情報を解く総合知を持て

    堀栄三 マッカーサーの手の内を全て先読み
    実松譲 マリアナ侵攻を予言

    自衛戦争は国際法的にも宣戦布告をしなくていよい

    徹底的に失敗を追求して弱点を補った企業が勝つ

    山口多聞 真珠湾2次攻撃を進言

    昨日の夢にこだわらず、消耗戦に巻き込まれて致命傷を受ける前に、手際の良い撤退戦を素早くしなくては本体がだめになる
    一利を起こすは、一害を除くにしかず マイナスを取り除くほうが、一つの事業をおこすより優っている

    宮崎繁三郎中将 インパールの撤退戦をうまくした

    木村昌福中将 キスカ島からの撤退

    リーダーはいかにあるべきか
    1 権威を明らかにすると当時に責任をしっかりと取る
    2 組織の目標を明確にするために決断をすること
    3 焦点の場に位置せよ
    4 情報を自分の耳で確実に聞く
    5 規格化された理論にすがらない
    6 部下に最大限の任務遂行を求める

    だめな経営者
    1目的がはっきりしていない官僚的経営者
    2 時代性のない経営者
    3 問題を先送りする経営者
    4 部下の人気取りばかり考える経営者
    5 運の悪い経営者
    6 いまだに全員頑張れといっている経営者

    判断力や知識、教養といったものは勉強すればある程度身につきます。しかし、決断力は勉強だけでは養えません。判断力と決断力との間には命がけの飛躍があります。

全11件中 1 - 10件を表示

半藤一利の作品

撤退戦の研究 (青春新書インテリジェンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

撤退戦の研究 (青春新書インテリジェンス)の作品紹介

戦後70年の今、あえて問い直す──日本人はあの戦争に「何を」置き忘れてしまったのか!情報を軽視し、成功体験を追いかけ、撤退のタイミングを見誤る…繰り返される失敗の本質を浮かび上がらせ、21世紀を生きる私たちに大いなる示唆を投げかける渾身の対談書。同名の名著に新たに加筆の上、リニューアル復刊!

撤退戦の研究 (青春新書インテリジェンス)はこんな本です

ツイートする