「上司」という病 (青春新書インテリジェンス)

  • 33人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (4)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 片田珠美
  • 青春出版社 (2015年11月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413044684

「上司」という病 (青春新書インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 社会人2年目にして普段なんとなく思っていることがほとんどだったけど、それが本として明確に言語化・視覚化されていることに意味があると思う。
    長い間同じ環境にいるとおかしいことにおかしいと気づけなくなってくるのかもしれないが、この本を年1くらいで斜め読みすると見当違いの方向に進んでしまうことはなくなるのでは。

    机上の空論のような正論を振りかざすのではなく、理不尽な社会でそれでもできることをやっていこうというスタンスには共感できる。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

「上司」という病 (青春新書インテリジェンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

「上司」という病 (青春新書インテリジェンス)の作品紹介

人は、「上に立つ」とバカになる生き物--。他人の意見を聞かない、大事なことは人任せ、仕事を部下に丸投げ、説教・自慢話が多い、責任をとらない、他人の時間やコストを考えない、自分は特別だと思っている…など、どんな職場にも1人はいる面倒な上司。なぜ、あの人はああなのか? 実は、これらの“症状”は、上司という立場がもたらすものだった。日本という社会で生きる限り、誰しも罹りうる病の正体を、ベストセラー精神科医が鋭く分析。上司との付き合いに悩む部下にも、結果を出す組織をつくりあげたい上司にも効く処方箋。

「上司」という病 (青春新書インテリジェンス)はこんな本です

ツイートする