ブラック化する学校 (青春新書インテリジェンス)

  • 35人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 前屋毅
  • 青春出版社 (2017年2月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413045070

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
原田 マハ
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラック化する学校 (青春新書インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自助論にもあるように国のレベルを決定するのは国民の質である。その国民の質を高めるための教育に必要な教育者の現状がこれでは日本の先行きは極めて暗い。書類の簡略化だけでも何とかならんものかと思ってしまう。

  • 著者のいうとおりです。はい。

  • 小中学校の問題点について教諭の視点から論じた本。問題点を見る視点が、現場サイドに寄った視点が多く、もう少し行政側の議論状況を説明して欲しかった。

    ただ、文科省については、法科大学院やゆとり教育の見直し、文系不要論など、迷走した政策が多くてもともと不信感が大きかったが、そんな不信感をさらに決定づける内容だった。

    じゃあどうすれば日本の教育がより良くなるのかは、制度論や運動論も含めてまだまだ検討が必要だが、あまり楽天的な気持ちにはなれない。

全3件中 1 - 3件を表示

ブラック化する学校 (青春新書インテリジェンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブラック化する学校 (青春新書インテリジェンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブラック化する学校 (青春新書インテリジェンス)の作品紹介

なぜ少子化なのに、先生は忙しくなったのか? 増える精神疾患による休職、6人に1人が非正規教員、年収80万円で生活保護を受けながら教壇に立つ教員も…これすべて公立小中学校の現実。モンスターペアレントや教師の質の問題だけじゃない、学校教育を歪ませている意外なものとは! そして、子どもの学ぶ環境を守るために親ができることとは! 小中学生の子をもつ親や教育にたずさわるすべての人、必読の一冊。

ブラック化する学校 (青春新書インテリジェンス)はこんな本です

ブラック化する学校 (青春新書インテリジェンス)のKindle版

ツイートする