10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった (青春新書インテリジェンス)

  • 10人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 奥村歩
  • 青春出版社 (2017年7月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413045162

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった (青春新書インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スマホ依存はよくないだろうと、本を読まずとも思っていましたが、この本はその理由をとてもわかりやすく説いていてくれて、納得、腹落ちしました。
    スマホ検索や、パソコンのネットサーフィンばかりしていると、脳の一時記憶置き場、ワーキングメモリの部分だけを酷使してしまい、深く思索する部分は使わないまま、鈍ってしまうとのこと。
    情報メタボという言葉を使っていましたが、ビジュアルとして目に浮かび、すごく怖くなりました。
    ジャンクフードや合成甘味料のジュースばかりを大量に摂取して、運動もせず健康的な排泄もせず、ただただ食べ続けていたら、当然病気になりますね。
    脳も同じこと。アウトプットも深い思考にもつながらない情報、自分にはあまり関係のないネットのニュースやゴシップ、口コミや投稿などをインプットしても、脳の記憶一時置き場はあふれて、取っ散らかって、収集がつかず、ヘトヘトになっていく。(だから必要な情報が取り出せない「もの忘れ」も頻発する)
    対策に挙げられていたことは、マインドフルネスや瞑想、自分の本当にやりたいことを見つけるために自己と対話すること、自然体験やリアルなコミュニケーションをすることでひらめきを得ること、寝る前にスマホやパソコンは見ないで睡眠の質を上げることなど、他のビジネス書や自己啓発書、健康関係の書籍でもよく目にすることで、やはりそれが真理なのだなぁと実感しました。

全1件中 1 - 1件を表示

奥村歩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった (青春新書インテリジェンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった (青春新書インテリジェンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった (青春新書インテリジェンス)の作品紹介

いま、40~50代の働き盛りの脳に起こっているもの忘れ症状は、「スマホ認知症」(スマホで過剰な情報を脳にインプットしているために脳過労を起こし、記憶力をはじめとする脳機能を低下させる症状)だった!すぐに検索・情報チェック・ナビに頼る…といった習慣で、あなたの脳を「考えない脳」に変えてしまう衝撃の事実とその解決策をスーパー脳神経外科医が伝授。

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった (青春新書インテリジェンス)はこんな本です

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった (青春新書インテリジェンス)のKindle版

ツイートする