高校教師 (青春文庫)

  • 29人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 野島伸司
  • 青春出版社 (1993年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413090162

高校教師 (青春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドラマのまんまで読みやすくて一日で読み終わりました。名作ですね。

  • ドラマのノベライズ版

    桜井幸子さんの繭がすごく魅力的で、
    真田広之さんの生物教師役も素敵でした
    ただ、あんなにマッチョな生物教師はいない気がしますが(笑)

    「ペンギンの話が聞きたい」
    っていう台詞が好きでしたね
    繭が先生のこと好きなんだって一言でわかる台詞です

  • この文庫、もう売ってないんすかね。
    2003年のドラマに凄くはまったのをふと思い出し旧作も読んでみようと図書館から借りてきた。
    大体内容は知ってたんだけど繭のバックグランドが複雑この上なくてちょっとショック。
    確かに純愛、なんだけれどずっとつきまとうほどの真実。
    なのでそれも受け入れて彼女を愛した先生は凄い。
    そしてかっこいー。
    二人の作る世界観、やっぱり好きだなあ。
    真田広之もいいおっさんになっちゃいましたけどこの頃の真田さん最強。ドラマが見たくなってきた。

  • ドラマは藤木直人の方の「高校教師」しか観たことがないのだけれど、なんだか少しかぶっていたと思う。
    藤村先生にはあんな過去があったのか…

    悲しくて痛いことばっかりな話だけれど、最後まで夢中になって一気に読める小説だったと思う。
    悲劇のオムニバス的な性格は最近のケータイ小説に似ているけれど、あそこまでわざとらしくないしウンザリもしないし、読みやすかった。

全5件中 1 - 5件を表示

野島伸司の作品

高校教師 (青春文庫)の作品紹介

僕たち二人の関係は、一体なんと呼べばいいのだろう。恋と呼ぶべきか、愛と言うべきか。しかし、愛のかたちなんて例えば、それがどう思われようと、例えば、それでどうなろうと、彼女をいとおしいと思う気持ちは変わらないだろう。超話題作ついに文庫化。

高校教師 (青春文庫)はこんな本です

高校教師 (青春文庫)の単行本

高校教師 (青春文庫)の文庫

高校教師 (青春文庫)の単行本

ツイートする