「ストレスに強い脳」をつくる6つの習慣

  • 26人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 有田秀穂
  • 青春出版社 (2010年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413110037

「ストレスに強い脳」をつくる6つの習慣の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 毎日5-30分、集中

    朝一番に明るい光を浴びる(カーテンを開ける)
    散歩
    お経
    ガム
    会談上り下り
    腹筋呼吸
    リズム運動
    観戦(共感)
    感動して泣く
    マッサージ
    スキンシップ
    アロマ
    落ち込んだ気分から復活ーベルガモット
    人と比べたときに不幸になる
    健康であること、家族がいること、仕事があること、毎日のちょっとした出来事に幸せを感じる

    目標に向かって努力し達成することで幸せを得る ドーパミン的価値観
    セロトニン的価値観 報酬でなく人との交流から幸せを得る「すごいね」でなく「ありがとう」

  • あまり役立つ内容なし。

  • ストレスをためないようにするには、朝の光をたっぷりと浴びて、リズムのある運動をして、スキンシップをとること。
    この三つ。すごく簡単そうなのに現代人には難しくなってしまっているのね。ストレスをためないようにするには脳内にあるセロトニンを活性化することが大切なわけですが、その具体的な方法がかいてあります。
    自分の生活を見直すことができる一冊です。

  • 2011/06/02

    立ち読み斜め読み。

    有田秀穂教授はpodcastのサイエンスサイトークという番組で、
    涙を流すことのリラクゼーション効果について語っていたのが印象的。
    実際に、一晩眠っただけの疲労回復効果があるそうだ。

    本書でも同様の内容があり、
    週末に映画を観て号泣することを勧めている。笑

  • 読みやすかった。

  • 1日5分! 「脳内ハピネス神経」セロトニンにスイッチを入れれば、ストレスは簡単に捨てられる! テレビ番組「エチカの鏡」で大反響を呼んだ人気の脳科学者が、「ストレスに強い脳」をつくる実践的な方法をお教えします。

全6件中 1 - 6件を表示

有田秀穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
池井戸 潤
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

「ストレスに強い脳」をつくる6つの習慣はこんな本です

ツイートする