物語りとしての心理療法―ナラティヴ・セラピィの魅力

  • 20人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : John McLeod  下山 晴彦  野村 晴夫 
  • 誠信書房 (2007年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784414414233

物語りとしての心理療法―ナラティヴ・セラピィの魅力の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本、いい。ちょっと突っ込みを入れたい部分も多々あるけど、視野場広がったのは確か。オススメですね。

  • 会話の流れの中で話のテーマが決まることもあれば、意図的に設定される場合もある。いずれにしても、何をテーマとするか自体に介入的な要素があることに気付かされる。

全3件中 1 - 3件を表示

ジョン・マクレオッドの作品

物語りとしての心理療法―ナラティヴ・セラピィの魅力を本棚に「読みたい」で登録しているひと

物語りとしての心理療法―ナラティヴ・セラピィの魅力を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

物語りとしての心理療法―ナラティヴ・セラピィの魅力を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

物語りとしての心理療法―ナラティヴ・セラピィの魅力を本棚に「積読」で登録しているひと

物語りとしての心理療法―ナラティヴ・セラピィの魅力はこんな本です

ツイートする